人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年10月12日

ドジャースvs.ブレーブス、投打ともにハイレベルな両チームが激突。ナ・リーグチャンピオンシップ

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ナ・リーグは第1・2シードが激突

現地12日(日本時間13日)より、アーリントンのグローブライフ・フィールドで開催される2020年シーズンのナショナル・リーグ優勝決定シリーズには、ともに無敗でポストシーズンを勝ち上がってきた第1シードのドジャースと第2シードのブレーブスが顔を合わせることとなった。

中立地での開催となることから、移動日がないため、最長7日間で7試合が行われる同シリーズは、何れのチームも地区シリーズからの日程的な余裕があり、万全の状態で12日の初戦に臨めることに加え、実力が拮抗していることから、ハイレベルな熱戦が期待される。

メジャーリーグ ナ・リーグチャンピオンシップ

ドジャースとブレーブスが、如何に高い次元で実力が拮抗しているかについて、『MLB.com』は現地11日付で掲載した、ポジション別に両チームを比較するシリーズのプレビュー記事の冒頭で、「今季のチームとしてのハードヒット率の順位表を見てみると、上位2チームには、これからナショナル・リーグ優勝決定シリーズで激突しようとしているドジャースとブレーブスが入っていることが分かる」と指摘。

さらに「両チームの長打率は、ともにメジャートップタイの.483である」とした上で、「投手側のランキングを見てみると、ハードヒット回避率の1位と2位は、これまたドジャースとブレーブスなのである」と、両チームが投打の両面でリーグのトップ2に君臨している事実をデータで示した。

では、両軍の実際的な戦力差を分析する上で、先ずピッチングスタッフに目を向けて見ると、先発ローテーションは初戦で先発するウォーカー・ビューラー、そして第2戦で先発マウンドに上がるエースのクレイトン・カーショーを始め、トニー・ゴンソーリン、ダスティン・メイ、そしてフリオ・ウリアスと役者が揃っているドジャースに分がある。

しかし、ブルペンは層の厚いブレーブスに軍配が上がり、こちらはマーク・メランソン、タイラー・マツェック、クリス・マーティン、ウィル・スミス、ダレン・オデイ、そしてシェーン・グリーンと、ドジャースに比べて若干見劣りする先発ローテーションの戦力差を補って余りあるほどの面子が揃っている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ