人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年9月29日

田中将大は重責を担う第2戦の先発予想。ワイルドカード展望:インディアンスvs.ヤンキース

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

新型コロナウイルス感染拡大で開幕が遅れた2020年のMLBは、60試合に短縮されたレギュラーシーズンが現地28日に終幕を迎え、ポストシーズン進出の16チームが出揃った。

第2戦の先発が予想される田中

今回は日本時間9月30日(水)午前8:00に開幕するワイルドカードシリーズ、インディアンスvs.ヤンキースの展望をお届けする。

この両者がポストシーズンの第1ラウンドで相見えるのは、ここ4年で2回目のことであり、今回はレギュラーシーズンの勝率で上回る上位シードのクリーブランドでの開催となるため、地の利はインディアンスにある。

これに対し、ヤンキースは今季レギュラーシーズンでは、敵地で11勝18敗と大きく負け越しているため、この不安材料をどう払拭するかがポイントとなる。

メジャーリーグ ポストシーズン ワイルドカードシリーズ

『MLB.com』は現地27日付で掲載したプレビュー記事のなかで、今季のインディアンスについて、「クリーブランドはメジャー屈指の先発ローテーションを擁しており、MLB1位の防御率3.17でレギュラーシーズンを終えた」と、その特筆すべき投手力について言及。

「しかし、インディアンスの攻撃はシーズンを通して苦しみ、OPS(出塁率+長打率)は.689と、全30球団中ワースト4位であり、これはコールがマウンドに上がるヤンキースには有利に働くだろう」と、打撃に難があることを指摘。

ヤンキースとしては、守備面でのミスを最小限に留めて接戦を有利に運ぶことが、勝利への鍵を握ることになりそうだ。

なお、そのゲリット・コール(7勝3敗、防御率2.84)がヤンキースの先発マウンドに上がると目される注目の第1戦は、ほぼ間違いなく今季MLB三冠投手、シェーン・ビーバー(8勝1敗、防御率1.63)との投げ合いとなるだろう。

MLB屈指の投手による投げ合いは、先勝でシリーズ勝ち抜けに王手という状況も相俟って、非常にスリリングな熱戦が予想される。

ヤンキースにとってのポストシーズン勝利請負人である田中将大は、シリーズ第2戦での先発が予想される。言うまでもなく、ヤンキース1勝で迎えた場合、田中はとどめを刺す役割を担うことになるが、初戦を落とした場合は頼みの綱となるわけで、何れにしろ、重責を負うことになる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ