人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年7月5日

田中将大、打球が頭部直撃もCT検査で異常なし

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

現地4日、ヤンキースタジアムで行われている夏季キャンプにて、実戦形式の打撃練習で田中将大の頭部に打球が直撃する戦慄のハプニングが発生。

しかし、『MLB.com』は同日付で掲載した記事のなかで、アクシデントの直後から「タナカは意識もしっかりしており、自力で歩けた」とし、さらに「病院にてCTスキャンを含む精密検査の結果、異常なしと診断された」とした上で、「治療を受け、病院を出た」と、右腕が事無きを得たことを伝えている。

J SPORTS 番組情報

記事によると、アーロン・ブーン監督は田中について脳しんとうの症状を見せていたとし、次のように述べたとのこと。

「最善を願っていた。マウンドへ行くと、彼はちゃんと動いていて、意識もしっかりしていたので、少なくとも、先ずは良かったと思った。安堵したけれど、いつだって数分後、数時間後のことは心配だ。ただ、吉報を得られたことは、良かったと思う」。

同記事によると、田中に打球を当ててしまったジャンカルロ・スタントンについてブーン監督は、「すぐにG(スタントン)も大丈夫かチェックした」と述べた。

また、「ちょっとしてから、(タナカは)大丈夫だとGに伝えることができた」とし、「Gについての話は必ずしもしたいわけではないが、彼はあれが起こり得ることだったとして、対処できているようだ」と、田中のチームメイトを気遣ったとのこと。

記事によると、このアクシデントが発生した際、田中は防護ネットを使用しておらず、ヤンキースはこの使用の有無を投手に委ねているとのことで、ブーン監督はこれについて、次のようにコメントしている。

「マサは要らなかったんだ。いつかは、あれを使わずにプレーしなければならないから。実戦形式の打撃練習や紅白戦で、あれを使う選手もいれば、使わない選手もいる。

もちろん、今日の出来事は非常に不運であり、我々は色々な方法で凶事が起こるのを防ごうとしている。残念ながら、つきまとうリスクもあるのだ」。

とにかく、大事に至らず何よりである。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ