人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年3月2日

前田健太vs.筒香嘉智、MLBでの初対戦は先輩に軍配

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

現地3月1日(日本時間2日)に行われたレイズ対ツインズのオープン戦で、投手・前田健太vs.打者・筒香嘉智の日本人対決が実現した。

今季、レギュラーシーズン中も増えることになるであろう日本人対決の前哨戦を制したのは、メジャー5年目の“先輩”である前田だった。『MLB.com』では、この対決の様子を、試合前に両者が交わした会話を交え、同日付の記事で次のように伝えている。

J SPORTS 番組情報

「ヨシトモ・ツツゴウは、日本からメジャーへの移行を進める上で、この春は全体を通して新しい投手について学んできた。しかし、この日曜にレイズの新スラッガーはようやく顔なじみを見た。

ケンタ・マエダがツインズの先発として登板したことで、ツインズの右腕とツツゴウの対戦が実現したのである。2人が(オープン戦ではあるが)メジャーで対戦するのは、今回が初めてだったが、両者は既に日本で対戦している」。

「とても嬉しかったですね」と、ツツゴウは通訳のルイス・チャオを介して述べた。「対戦した時間を楽しみました」。

日本での10年間を横浜ベイスターズで過ごした筒香は、日本では広島東洋カープでプレーした前田に対し苦しんだ。過去の対戦で、筒香は前田に対し、48打数9安打(.188)に止まっており、長打は本塁打と二塁打を2本ずつ打っている。

シャーロット・スポーツ・パークでレイズがツインズに8-2で勝利した日曜の試合で、筒香は前田に対し、2打数無安打とし、両打席ともフライで打ち取られた。

試合前、前田と筒香はクラブハウスの外で簡単に言葉を交わした。前田は筒香にジョークで、初球はチェンジアップを投げると伝えた。しかしながら、マエダはその打席の初球で、プレート上を行く速球を投げストライクを取った。

「僕はチェンジアップを待っていました」と筒香は笑いながら言った。「ですので、速球は振りませんでした」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ