人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年11月18日

【ハイライト動画あり】侍ジャパン、10年ぶりの世界一。次に目指すは東京五輪の金メダル。WBSCプレミア12

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

前日に続くリターンマッチだが、試合の重みは全く違う。11月17日(日)のWBSCプレミア12決勝は日本と韓国のライバル対決となった。

侍ジャパンの先発はセ・リーグの最多勝右腕・山口俊。韓国は2019年のKBOで16勝8敗、防御率2.29と好投している左腕ヤン・ヒョンジョンが満を持して登板した。

◆試合結果
韓国|3 0 0 0 0 0 0 0 0|3
日本|1 3 0 0 0 0 1 0 X|5

J SPORTS 番組情報

◆侍ジャパンスタメン
1番(一)山田哲人(ヤクルト)
2番(遊)坂本勇人(巨人)
3番(中)丸 佳浩(巨人)
4番(右)鈴木誠也(広島)
5番(指)浅村栄斗(楽天)
6番(三)外崎修汰(西武)
7番(左)近藤健介(日本ハム)
8番(捕)會澤 翼(広島)
9番(二)菊池涼介(広島)
  (投)山口 俊(巨人)

最高の雰囲気に包まれていた東京ドームだが、1回表の守備は日本にとって最悪に近いものだった。

先発・山口俊は韓国の先頭打者を塁に出すと、2番キム・ハソンにレフトへ2ラン本塁打を打ち込まれる。さらに二死無走者から5番・キム・ヒョンスに右中間へソロ本塁打を許し、侍ジャパンはいきなり3点のビハインドを背負った。

山口俊は初回で降板。ただし侍ジャパンは高橋礼、田口麗斗、中川皓太と若手が短いイニングを無失点でつなぎ、試合の流れを引き戻す投球を見せた。

J SPORTS オンデマンド番組

韓国の先発ヤン・ヒョンジョンは常時で140キロ台中盤を計測する速球を持ち、130キロ前後のチェンジアップが素晴らしい好投手だった。しかし、日本打線は「KBO最強左腕」をしっかり攻略する。

侍ジャパンは1回裏、4番・鈴木誠也が二死1塁から左越えのタイムリー2塁打を放ち、まず1点。

2回裏は二死無走者から8番・會澤翼が四球を選び、9番・菊池涼介はショート前の内野安打で続く。1番・山田哲人は8球目まで粘った末、レフトにライナーで打ち込む3ラン本塁打。侍ジャパンは4-3と試合をひっくり返した。

試合は緊迫した展開で中盤を迎える。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ