人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年11月4日

強力な布陣で世界に挑む侍ジャパン。世界野球WBSCプレミア12

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

「世界野球WBSCプレミア12」は11月2日(現地時間)のアメリカvs.メキシコ戦で開幕した。稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンはカナダとの親善試合を終え、11月5日(火)にグループBの緒戦ベネズエラ戦を迎える。

日本の男子野球は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が発表する世界ランキングで現在1位。堂々たる資格をもって、「世界トップ12」の大会に出場している。

日本は来夏に東京オリンピックを控えているが、既に出場権を得ている。したがって他国のような「プレミア12の結果に出場がかかっている」状況ではないが、貴重な準備の場だ。

オリンピックはメジャーリーグベースボール(MLB)のシーズン中に開催されるため、「海外組」の招集が難しい。しかし、日本球界には素晴らしい人材がいる。

J SPORTS 番組情報

今回の侍ジャパンは「国内組」からベストと言い得るメンバーが選出された。まず投手陣を見てみよう。

◆投手
11 岸 孝之(楽天)
13 山岡泰輔(オリックス)
17 大竹 寛(巨人)
18 山口 俊(巨人)
19 山崎康晃(DeNA)
20 甲斐野央(ソフトバンク)
21 今永昇太(DeNA)
22 大野雄大(中日)
28 高橋 礼(ソフトバンク)
43 山本由伸(オリックス)
47 中川皓太(巨人)
57 嘉弥真新也(ソフトバンク)
90 田口麗斗(巨人)

パ・リーグ最優秀防御率の山本由伸と、セ・リーグ最優秀防御率の大野雄大が揃い踏み。山口俊はカナダとの親善試合こそ苦しんだが、セ・リーグ最多勝、最高勝率、最多奪三振の投手三冠に輝いている。

抑えはやはりセ・リーグ最多セーブの山崎康晃だろう。ツーシームを武器とする山崎、フォークがいい山本。スライダーが素晴らしい山岡泰輔と、それぞれ違う決め球を持っていることも頼もしい。

また、13投手中5投手が左腕だ。国際試合で効く“変則タイプ”も、左横手投げの嘉弥真新也と、右下手投げの高橋礼がいる。

千賀滉大(ソフトバンク)が肩、松井裕樹、森原康平(ともに楽天)が肘の違和感で代表を辞退したことは残念だが、世界の舞台で戦うためには十分な陣容が揃っている。次いで捕手、野手陣を見る。

J SPORTS オンデマンド番組

◆捕手
10 小林誠司(巨人)
27 会沢 翼(広島)
62 甲斐拓也(ソフトバンク)

今季の小林誠司はリーグ戦の出場が92試合で、打率も.244にとどまっている。一方で2017年のワールドベースボールクラシック(WBC)では日本の正捕手を勤め、6試合で打率4割5分、1本塁打、6打点と驚異的な成績も挙げた。短期決戦、国際舞台の実績を考えれば、当然の選出だ。

パ・リーグ首位打者の森友哉はコンディション面の不安で辞退した模様だが、打力に恵まれた会沢翼、強肩の甲斐拓也もおり、やはりバランスの取れた構成だ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ