人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年9月8日

菊池雄星、ルーキーの年間被本塁打数ワーストも充実した学びの年に

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

シアトル・マリナーズの菊池雄星は日本時間8日(現地7日)、敵地でのアストロズ戦に先発し、5回0/3を5安打1失点と好投するも、勝敗はつかなかった。

先日キャリア3回目のノーヒットノーランを達成した、名投手バーランダーとの投げ合いとなったこの試合は、マリナーズが1-2で接戦を落とした。

◆試合結果
SEA|0 0 1 0 0 0 0 0 0|1
HOU|0 0 0 0 0 1 1 0 X|2

J SPORTS 番組情報

『MLB.com』でマリナーズを担当するグレッグ・ジョンズ記者は、同日付で「キクチのソリッドなパフォーマンスもマリナーズには不十分」と題した速報記事を投稿。

この日の菊池の投球について、次のように伝えている(速報記事はその後、タイトルが変更されている)。

「左腕のユウセイ・キクチは、5回までバーランダーに投げ勝つも、6回にアレックス・ブレグマンに対し、飛距離399フィートの先頭打者ホームランを許し、試合は1-1の同点となった」。

これはマリナーズの菊池が許した唯一の失点であり、その後、彼はヨルダン・アルバレスに単打を打たれたところで降板となった。

「ユウセイは質の高い相手に対し、素晴らしいボールを投げた」とマリナーズのスコット・サーバイス監督は述べた。「彼は幾つか見事な調整を加えた。彼はリラックスしていたね」。

「今の彼の状態は気に入っている。ずっと言ってきたことだが、今年は学びの年になる。我々は彼の素晴らしい登板も見てきたし、彼が若干苦しむところも見てきた。でも、今彼の進む方向は良いと思っている」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ