人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年7月12日

最も長く、最も過酷な予選を勝ち抜いた7チーム。都市対抗野球チーム紹介:東海代表

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

7月13日に開幕する第90回都市対抗野球大会に向けて各チームの紹介、注目選手の紹介を行っていく。今回は東海の代表となった7チームを紹介する。

東海第2次予選は都市対抗予選の中でも最も長く、最も過酷なトーナメントだ。今大会は名門・西濃運輸が2連敗で早々に消えている。

第1代表決定トーナメントの出場は16チームで、4連勝できればすんなりと決定が決まる。

一方で「敗者復活」のトーナメントが6つあり、第7代表のJR東海は「4勝3敗」で最後の椅子をつかんだ。出場枠が一つ増えた影響もあり、予選はのべ19日という本大会以上の長丁場だった。

J SPORTS 番組情報

◆ヤマハ(東海第1代表)

第1代表は3年ぶり40回目の出場となるヤマハだ。予選では秋田商、青山学院大時代から大器として知られた24歳の大型右腕・近藤卓也がブレイク。

第1代表決定戦も含む2試合に先発し、14イニングで自責点3と好投した。身長187センチと大型で、最速150キロを超す本格派だ。

他にも明治大から入社して2年目の右腕・水野匡貴、ブラジル代表歴もある右腕・フェリペ・ナテル、変則派左腕・九谷青孝と好投手が揃う。また、西濃運輸から堀田晃、小久保気の両右腕を補強し、万全の体制といっていい。

打線も実績のある選手を豊富に擁しているが、注目は横浜DeNAベイスターズから入社した網谷圭将。185センチ・90キロの大型外野手で、まだ21歳と若く、予選では打率.364を記録している。

J SPORTS オンデマンド番組

◆東邦ガス(東海第2代表)

第2代表は3年連続13回目の出場となる東邦ガスだ。投手陣は33歳のベテラン右腕・小椋健太が柱となる。昨年は東海地区の社会人ベストナインに選ばれるなど、30歳を過ぎてなお成長の跡が見られる本格派だ。

加えて東海予選では駒澤大から入社した新人右腕・辻本宙夢が大活躍。171センチと小柄で、球威も平凡だが変化球のキレが抜群だ。実戦的で「気づくと抑えている」タイプでもある。

打線は入社3年目の柴田圭輝が出場4試合で打率.692、5打点と大爆発。元SKE48で、現在はフリーアナウンサーの柴田阿弥さんを姉に持つ変わり種選手でもある。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧