人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 ニュース 2019年6月11日

延長11回の明暗、福岡大学が星槎道都大学に勝利。全日本大学野球選手権

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

10日に開幕した第68回全日本大学野球選手権大会。神宮球場の第4試合は劇的な展開で、2回戦に進出する最後のチームが決まった。

星槎道都(せいさどうと)大学の先発は、今大会屈指の好投手でもある4年生右腕・渕上佳輝。福岡大学は1年生ながら春季リーグで3勝を挙げた技巧派右腕・村上幸人だった。

渕上は140キロ台の速球で、村上は球速こそ130キロ前後ながら変則的なフォームで相手打線に得点を許さない。試合は早いテンポで進み、ちょうど50分で5回が終了する。

福岡大は6回に1番・宮田輝星が二塁打で出塁したものの、バント失敗などでこのチャンスを生かせない。

試合は9回を終えても1-1で決着がつかず、10回からはタイブレークに入る。無死1・2塁、継続打順で攻撃が始まる方式だ。

無失点投球を続ける両エースは続投する。

10回表、福岡大はまずバント失敗で走者を進められず、その後の一死満塁も活かせない。

10回裏、星槎道都はバントで走者を送り、四球で一死満塁のチャンス。代打・三笘健一郎のバットは快音を響かせたが、ライナーがライトの正面を突き、走者が動けない。二死から8番・小笠原武蔵の放った遊ゴロも間一髪アウトでやはり無得点。

試合は2度目のタイブレークに入る。11回表。福岡大は二死1・3塁に追い込まれていたが、ここで渕上が痛恨のワイルドピッチ。三塁走者が生還し、ついにスコアボードに「1」の数字が灯った。 11回裏の星槎道都はバントで一死2・3塁のチャンスを作り、1番・池田英人はレフトにライナーを飛ばす。三塁走者がタッチアップして同点の生還を狙うが、間一髪タッチアウト。試合はここで終了し、福大の2回戦進出が決まった。

全日本大学野球選手権ハイライト

1回戦 東北福祉大学vs.創価大学 ハイライト【全日本大学野球選手権2019】

◆試合結果

福岡大学|0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1|1
星槎道都|0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0|0

◆バッテリー

星槎道都:●渕上―松田
福岡大学:○村上―田川

文:大島和人

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧