人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年4月11日

ダルビッシュ有、2連敗ながらも現地報道は前向き

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

シカゴ・カブスのダルビッシュ有が、現地10日に本拠地リグレー・フィールドのパドレス戦で、今季3度目の先発登板。5回1/3を投げ、4奪三振無四球ながら、5安打5失点(自責4)で2敗目を喫した。

ホームスタジアムでの掛け声を“ブー”から“ユー”に変えるべくマウンドに上がったダルビッシュ。

地元で今季初白星とはいかなかったが、しばしば見せた好投により、地元ファンからの“ユー”コールを得ることで目標の半分は達成した。

ダルビッシュによる今季ホーム初先発について、『MLB.com』は同日付の記事の冒頭で「ユウ・ダルビッシュは水曜の夜にリグレー・フィールドで小さいながら何歩か前進するも、打線の援護がなかったことで、彼によるミスの全てが拡大されることとなった」と報じ、敗戦の中で前進があったと表現。

また、地元紙『シカゴ・サンタイムス』は試合終了直後に電子版にて、“(声援が)ユウに変わった?ダルビッシュが集中した攻撃的な先発で、リグレーのブーイングを吹き飛ばす”とヘッドラインを打った。

以下、くだんの記事の抜粋である。

「彼は勝ちを得ることはなく、上々な形で締め括れそうに見えた6回を投げ切ることもできなかった。しかし、カブスの先発投手ユウ・ダルビッシュは、“ユウウウウ”コールをもらった」。

「この水曜の試合に、評価の分かれたカブスの投手として、リグレー・フィールドでの11ヶ月振りの先発に臨んだ背番号11は、パイレーツを相手にした77球のパフォーマンスで、これまでで最も集中した投球を見せ、さらにはタフネスをも披露した」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧