人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年3月7日

【楽天好き】渡邊佑樹、未来の左腕エースの現在地

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

「楽しくなかったですね(笑)」。

左腕の渡邊佑樹は、頬をゆるませた。久米島キャンプで、ミズノ社の開発した投球データを収集するボール『MA-Q(マキュー)』を使って、取り組んでいることについて尋ねた時のこと。

特殊なセンサーを内蔵したMA-Qは、見た目も感触も公式球とほとんど変わらない。投げると、球速、回転数、回転軸などの詳細なデータがその場で確認できる。

楽天イーグルスが今年のキャンプから導入したこの新兵器を使って、渡邊はブルペンで自身の投球に磨きをかけていた。

人懐っこい笑顔に爽やかな話しぶり。プロ2年目の渡邊は、初めて話した印象そのままに、とても職人気質でプロらしい内面をのぞかせる。「楽しくなかった」理由は、このボールに表れた数値が「自分の思ったのと違っていた」からだ。

「回転数や回転軸が、(思ったのとは)違うことがありました。自分の思ったとおりなら、楽しかったでしょうけれど、そうじゃなかった。だから、その差を埋めるために、次はああしよう、こうしようって試行錯誤していったんです」。

これまで“感覚”として掴みどころのなかった投球のカタチが、いくつか“データ”として数値化された。その感覚と実質の差異を埋めるのは、想像する以上に地味で、「楽しくない」ようだった。

◆背番号「47」、期待の本格左腕。まずは一軍デビュー。

横浜商科大学出身の渡邊は、2017年にドラフト4位で楽天に入団。近年、プロ野球で左のエースナンバーと認識されている背番号「47」を受け継ぐ、期待の本格派左腕だ。

183センチの高身長から、しなやかに振り下ろされるフォームが特徴。球の出どころが見づらく、最高球速は140キロ半ばだが、球速以上にスピードを感じさせることができる。

一流投手の証でもある、「ストレートと変化球の腕の振りが同じ」という技術も合わせ持ち、ゆくゆくは先発ローテーションの一角としての飛躍も期待される。

しかしながら、昨季のルーキーイヤーは、一軍での登板経験はなし。二軍でもわずか5試合と、プロの壁に阻まれた。

悔しい経験を糧にできたからなのか、どこか飄飄としていて気負ったところがない。2年目にして、落ち着きが格段に増したように見える。

「去年は何もわからない状態だったので、周りを見ながら動いていて、いっぱいいっぱいでした。でも、今年は2年目なので、自分のやりたいことをやれるようになった。特に、野球だけに集中できていることは大きいですね」。

どっしりとした様子で振り返るのだ。今年に向けて、しっかりと準備してきた自負も伺える。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧