人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年2月27日

田中将大、「20秒ルール」について言及

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

昨年、一度は導入が決定しながら結局は見送られた、投球間隔を20秒以内とするルール。

今季は春季キャンプ中のオープン戦で試験的に行われることになっているが、この「20秒ルール」についてニューヨーク・ヤンキースの田中将大が改めて、反対の意を明言したと米メディアが伝えた。

現地26日付で『ESPN』電子版に掲載された記事によると、田中は通訳を介して「選手として僕らはルールを遵守しなければなりませんが、それを踏まえた上で言うと、僕は個人的にこのルールを支持しません」と述べたとのこと。

さらに記事では、「田中は投球間に平均26.1秒かけており、これは昨季150イニング以上投げた78人のうち、76位にランク付けされる所用時間」と掲載。

「彼よりも時間をかけているのは、ヒューストンのジャスティン・バーランダー(26.3秒)とボストンのデビッド・プリンス(26.7秒)のみである」。

これまで言われている通り、比較的投球に時間をかける田中にとって、このルールは不利に働くであろうことを示唆した。

なお、田中は現地火曜に行われる予定だったフィリーズ戦で、実際に投球計測を入れた実戦を経験するはずだったが、この試合は雨のため中止となり、田中の「20秒ルール」“デビュー”はお預けとなった。

この田中のコメントは『ニューヨーク・デイリーニュース』電子版でも取り上げられており、同サイトの記事ではこの「20秒ルール」は「ヤンキース投手陣の間で概ね不評」とした上で、通訳を介して述べた田中の持論を掲載した。

それによると、「あの投球間の時間で、僕らは次に投げる球種を考えており、次の投球がどうなるかを考え、思うに打者も次に何が来るのかを考えていると思います。あの間が野球を面白くしているのです」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧