人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バドミントン コラム 2019年7月26日

勝ち残った「タカマツ」と「ナガマツ」が準決勝で対戦へ

バド×レポ by 平野 貴也
  • Line

バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は26日に各種目の準々決勝を行い、女子ダブルスは五輪女王と世界選手権女王の2組が勝ち上がった。

2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は、2-0(21-16、21-18)でドゥ・ユエ、リー・インフイ組(中国)を破った。後衛の高橋が強打と見せかけてネット前にシャトルを落とし、相手が拾い上げてくる球を、前衛の松友が打ち落とした。松友は「一発が強いというより、色々な球を打って来るペア。振り回されたところもあったけど、最後は自分たちの形を出せた」と手ごたえを語った。過去の戦績は5勝2敗。前回大会の初戦(2回戦)と、直近の対戦である今年3月のドイツオープンで敗れており、高橋は「リベンジしたい気持ちがあり、何が何でも勝ってやろうと思っていた」と強い意気込みで臨んでいたことを明かした。

バドミントン ジャパンオープン 2回戦終了後インタビュー 松友/髙橋ペア

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バドミントンを応援しよう!

バドミントンの放送・配信ページへ