人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バドミントン コラム 2018年12月11日

桃田、奥原、タカマツ、山口が2度目の優勝狙う=BWFワールドツアーファイナルズ

バド×レポ by 平野 貴也
  • Line
9月のジャパンオープンを制した桃田ら日本の俊英が世界に挑む

9月のジャパンオープンを制した桃田ら日本の俊英が世界に挑む

シーズンの王者を決める戦いが、始まる。年間を通じて各国で行われたBWF(国際バドミントン連盟)ワールドツアーの上位成績者が出場する「BWFワールドツアーファイナルズ」が12日に中国・広州市で開催される。日本勢は、全5種目に選手を送り込んだ(シングルス3名、ダブルス4組)。そのうち半数は、過去の優勝経験者(昨季までの大会名称は、BWFスーパーシリーズ・ファイナルズ)で初の複数回優勝者が生まれる可能性は十分。充実のラインナップでタイトルを狙う。

各種目、世界選手権の優勝者とツアーランキング上位の計8組が出場(同国勢は1種目2組まで。出場辞退の場合は、繰り上げ)。4組ずつ2組に分かれて総当たり1回戦のグループリーグを行い、各組の上位2位が決勝トーナメントに進む。日本勢は、同グループに入ることなく、日本のファンにとっては、応援しやすい組み合わせとなった。

男子シングルスに出場する桃田賢斗(NTT東日本)は、2015年の優勝者。今季は世界選手権を制し、世界ランク1位。優勝候補の筆頭だ。同組は世界ランク10位以下の3名で突破の可能性は高い。日本代表の朴柱奉ヘッドコーチが要注意選手として名を挙げるアンソニー・ギンティン(インドネシア)ら別組勢と当たる準決勝から先の戦いが注目される。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バドミントンを応援しよう!

バドミントンの放送・配信ページへ