人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年9月17日

ハーランの契約解除金は7500万ユーロ!メガクラブなら支払える

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
アーリング・ハーラン

アーリング・ハーラン

消極的だったのか、それともプランどおりだったのか。今夏のマンチェスター・シティは謎めいていた。

100億ポンド(約150億円)もの巨額を投入し、アストン・ヴィラからジャック・グリーリッシュを獲得したものの、クリスチャーノ・ロナウドとの交渉ではカネを出し渋った。ハリー・ケインの獲得でも積極性を欠いていた。

ここでシティの戦力をチェックしてみよう。人材不足が懸念されているのは左サイドバック、アンカー、そしてゴールゲッターだ。

左サイドバックはジョアン・カンセロ、オレクサンドル・ジンチェンコ、ナタン・アケーのローテーションだ。アンカーはロドリが軸で、イルカイ・ギュンドアンとフェルナンジーニョで対応する。そして1トップの基本は、現時点でフェラン・トーレス。周囲との連携に優れており、ジョゼップ・グアルディオラ監督も「センスは申し分ない。あとは経験を積むことだ」と、手ごたえを感じ取っているようだ。

したがって36歳のC・ロナウド、28歳のケインに投資するなら、現有勢力にグリーリッシュを加えた陣容で挑む方が得策、との判断に至ったと推測できる。

しかし、今シーズンの強化が終わったわけではない。「シティは来年1月の移籍市場で必ず動く」との見方が大勢を占めつつある。リーズのカルヴィン・フィリップス、ウェストハムのデクラン・ライスといったイングランド代表の主戦アンカーに興味津々、との情報がすでに流れはじめている。

そして前線は、やはりアーリング・ハーランが第一候補だ。彼が所属するドルトムントは、契約解除金を7500万ユーロ(約97億5000万円)に定めた。莫大な金額ではあるが、21歳という年齢を踏まえると費用対効果は申し分ない。シティだけではなく、メガクラブなら支払える。

ただ、チェルシーは前線にロメル・ルカクという絶対的な存在がある。パリ・サンジェルマンは選手の年俸が450億円に達したため、補強よりも整理を優先しなくてはならない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ