人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年11月20日

ポチェッティーノ解任→モウリーニョ就任!?トッテナム激震

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ポチェッティーノ

難しい決断だったに違いない。

現地時間11月19日、トッテナムはマウリシオ・ポチェッティーノ監督を解任した。たしかに今シーズンは低迷している。12節終了時点で3勝5分け4敗。たったの14ポイント。首位リヴァプールに20ポイントという絶望的な大差をつけられている。しかし、トッテナムをチャンピオンズリーグの常連に仕上げ、クラブ史上初の決勝まで導いた功労者がポチェッティーノであることに疑いの余地はない。ダニエル・リーヴィ会長も、公式サイトを通じて「苦渋の選択だった」と明らかにしている。

J SPORTS 放送情報

ポチェッティーノ解任の最大要因は人事に尽きる。昨年夏、退団を希望していたヤン・フェルトンゲン、トビー・アルデルヴァイレルト、ダニー・ローズの放出は決定的とみられていたが、リーヴィ会長は買い手を見つけられなかった。ことしの夏も同様で、ステップアップを目論んでいたクリスティアン・エリクセンが残留。「低予算でタイトルを獲得しても賢いわけではない。ビッグクラブになりたいのなら、ビッグクラブにふさわしいプランを構築すべきだ」。ポチェッティーノの不満は、明らかにリーヴィ会長を指していた。

もちろん、ポチェッティーノにも非はある。昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝直前、みずからも退団をほのめかした。当然、選手たちは狼狽する。リーヴィ会長も快く思うはずがない。完全なる内部分裂。もはや収拾がつかない。蜜月とさえいわれたポチェッティーノとの関係は崩れ、今回の決断に至ったようだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ