人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2023年12月4日

【ハイライト動画あり】帝京大、最後まで弛みなし。慶應渾身の防御から8トライを奪い全勝で3連覇決める。ラグビー関東大学対抗戦A最終節レポート

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

延原秀飛(帝京大学)

慶應義塾大の選手一人ひとりの使命感をたたえたタックルは最後まで試合を引き締めた。そして、だからこそ帝京大の強さは際立った。最終スコアは54-10。大学選手権3連覇へ突き進む王者が、盤石の地力を示して関東大学対抗戦の最終戦を力強く締めくくった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

立ち上がりの15分は慶應の気迫満点のディフェンスが光った。キックの蹴り合いで優位に立つ帝京がたびたび相手陣22メートル線内に攻め込むも、前に出て低く食い込むタックルとひたむきなカバーリングで粘り強く対抗。懸命に食らいついて最後の一線を死守するシーンが続く。

奥井章仁(帝京大学)

ようやく帝京が得点を刻んだのは16分過ぎだ。ゴール前のラインアウトでスローが最後尾のジャンパーをオーバーしたところへFL奥井章仁が走り込み、あざやかにインゴールを陥れる。さらに22分にもラインアウトを起点にFWでラッシュをかけ、右大外のスペースをSO井上陽公→WTB小村真也できれいに仕留めた。

続く31分には、敵陣30メートル付近の左展開でHO江良颯のフラットパスに走り込んだLO尹礼温がポスト下へ一直線に駆け抜ける。さらに34分、ふたたびHO江良のパスを起点にCTB大町佳生がギャップを抜け出し、サポートしたSH李錦寿がフィニッシュ。リードを26-0と広げ、そのまま一気に波に乗るかと思われた。

しかし慶應もここで意地を見せる。37分過ぎ、WTB大野嵩明の果敢なハイボールキャッチから初めて相手陣レッドゾーンで攻撃機会をつかむと、SO磯上凌が正面約15メートルのDGを成功。残り時間も厳しいタックルで帝京のアタックを寸断し、26-3でハーフタイムを迎えた。

手応えをつかんだ慶應は、後半も意欲的に仕掛けて先に追加点を挙げる。開始直後、ふたたび相手防御裏へのパントキックでゴールラインに迫ると、キャプテンの岡広将に替わって先発の右PR吉村隆志がラックサイドをねじ込んで右中間に押さえる。FB今野椋平のコンバージョン成功で、スコアは26-10に縮まった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ