人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2023年11月9日

ラグビーワールドカップ2023決勝戦 世界を驚かせたリーグワン所属選手の多さ あのスーパープレーが、日本で見られる!

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

 

ジャパンラグビー リーグワン2023-24シーズンは12月9日(土)開幕する。最上位のディビジョン1の決勝戦は2024年5月26日(日)だ。今季、なによりファンの心を躍らせているのは、ラグビーワールドカップ(RWC)フランス大会で活躍した海外のトッププレーヤーが多数リーグワンでプレーすることだ。最後まで勝敗の分からない僅差勝負で観客を魅了した選手たちを目の前で見ることができる。そんな幸せな瞬間がまもなく始まるのだ。本コラムではRWC決勝戦に出場した選手たちをご紹介したい。

RWC2023で世界のメディアをも驚かせたのは決勝戦のメンバーに、リーグワン所属選手が多かったことだ。両チーム23名ずつの登録のため、あわせて46名の選手中ニュージーランド(NZ)6名、南アフリカ(SA)7名の計13名がリーグワン選手だった。これは、フランスのトップ14、イングランドのプレミアシップ、南半球のスーパーラグビーなどを抑えて断トツの数字だった。

NZ=LOブロディー・レタリック、NO8アーディ・サヴェア(神戸スティーラーズ)、FLシャノン・フリゼル、SOリッチー・モウンガ(ブレイブルーパス東京)、SHアーロン・スミス、FBボーデン・バレット(トヨタヴェルブリッツ)
SA=LOフランコ・モスタート(三重ホンダヒート)、FLピーターステフ・デュトイ(トヨタヴェルブリッツ)、FL/NO8クワッガ・スミス(静岡ブルーレヴズ)SHファフ・デクラーク、CTBジェシー・クリエル(横浜イーグルス)、CTBダミアン・デアレンデ(埼玉ワイルドナイツ)、WTBチェスリン・コルビ(東京サンゴリアス)

過去にリーグワン、またはトップリーグにいた選手、負傷でメンバー外となっていたHOマルコム・マークス(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)、LOルード・デヤハー(埼玉ワイルドナイツ)を含めると登録選手の半数近くになる。また、大会後には、NZのキャプテンであるサム・ケインのサンゴリアス入りも発表され、決勝ではメンバー外だったが、NZのHOデイン・コールズのクボタスピアーズ入りも発表された。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ