人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月1日

【ハイライト動画あり】明治大学、昨季王者の帝京大学を撃破。選手コメントで振り返る春の大一番。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

トライを決めた安田に駆け寄る選手たち

関東大学春季大会第3戦が行われた。相手は昨年度の全国大学選手権決勝で敗れた帝京大学。昨年度は招待試合、関東大学対抗戦、選手権での対戦全てで苦杯をなめた因縁の相手だ。

序盤から、帝京大のアタックを前になかなか敵陣に攻め込めず。試合は帝京大のペースで進められ、先制トライを許してしまう。

しかし前半22分、敵陣5メートルライン付近でのマイボールラインアウトからモールでそのまま前進し、HO(フッカー)松下潤一郎(法3=筑紫)がグラウンディング。「モールは行ける方向に統一していくことができ、まとまって組むことができた」(松下)。

ラグビー関東大学春季大会2022

前半39分、相手ボールのスクラムを押し込みマイボールに。スクラムから出たボールをつなぎ、FB(フルバック)安田昂平(商2=御所実)がビッグゲイン。そのままボールを足に掛け、自身の持ち味である俊足で相手ディフェンスを振り切りトライを決めた。前半は、14-12の2点リードで試合を折り返す。

2トライを挙げた松下

後半も接戦は続く。後半7分、マイボールのラインアウトからモールを組み、松下が持ち込み、この日2本目のトライを挙げる。このまま点差を突き放し逃げ切りたかったが、昨年度の大学王者・帝京大。一筋縄ではいかない。

ディフェンスのスキを相手のBK(バックス)陣に走られ、後半30分を経過してから立て続けに2トライを献上。逆転を許してしまう。しかし「反省をするよりも次のプレーをどうするかを重点的に話した」(LO/ロック山本嶺二郎・法3=京都成章)。焦りを見せず、次のプレーに集中する明大。

ラグビー関東大学春季大会2022

「技術もあるが、結局気持ちの部分。気持ちで負けたら(試合も)負ける」(大賀宗志・営4=報徳学園)。後半34分、そんな思いがプレーに現れた。敵陣5mラインのマイボールラインアウトからモールを形成し、FW(フォワード)陣で前へ突っ込んでいく。最後は紀伊遼平(営4=桐蔭学園)がグラウンディング。コンバージョンゴールも決まり、28-26と逆転に成功した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ