人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月17日

「無敗」埼玉ワイルドナイツに「名勝負メイカー」ブラックラムズ東京が挑む。ジャパンラグビーリーグワン第10節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

埼玉ワイルドナイツ vs. ブラックラムズ東京

試合中止による不戦敗を除けば、ここまで7戦全勝。

直近のリーグ戦 24 試合では無敗(23 勝 1 分)だ。

ついに3位に浮上した7勝2敗の埼玉ワイルドナイツは、このままリーグをまたいだ連覇まで突っ走るのか。それとも――。

ジャパンラグビーリーグワン「ディビジョン1」は第10節。

3月19日(土)は、埼玉・熊谷スポーツ文化公園ラグビー場に、ホストの埼玉ワイルドナイツが3勝6敗(実戦2勝4敗)で8位のブラックラムズ東京を迎える。

ゲームは正午キックオフ。会場では2時間前の10時から一般駐車場がオープン、場外キッチンカー等の営業が始まる。

スタジアム開場は10時30分で、今回もラグビー経験者でもあるTRFのDJ KOOさんによるパフォーマンス等が用意されている。

7連勝中の埼玉ワイルドナイツは好調だ。

前節は強敵トヨタヴェルブリッツを相手のホストスタジアムで51-26で撃破。ヴェルブリッツはホスト直近12戦10勝、今季も2戦全勝だったが、今季ホスト初黒星を喫した。

第3節横浜キヤノンイーグルス戦後にHO堀江翔太が「積み上げてきたベーシックなものは簡単には崩れない」と語ったように、堅守といったチーム文化の成熟度で、最後は凌駕してしまう。

無敵の風格さえ感じる今季のワイルドナイツだが、そんな昨季チャンピオンに挑むのが、“名勝負メイカー”とも言うべき存在のブラックラムズ東京だ。

昨シーズンの「ラスト・トップリーグ」では全8試合中5試合が7点差以内。そして今季も6試合中3試合が7点差以内であり、“接戦製造機”ぶりは健在だ。

特にロスタイム8分超の死闘になった第8節グリーンロケッツ東葛戦は印象的だった。

ピーター・ヒューワットHC(ヘッドコーチ)は前半の8点ビハインド(7-15)から、最後は21-18で勝ちきった88分間をこう振り返った。

「チームではレジリエンス(復元力)についてよく話していますが、試合の最後にもレジリエンスを見せてくれました。88分間を本当に誇りに思っています」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ