人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月24日

優勝争いを左右する重要な一戦。リーグワン第7節「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ×トヨタヴェルブリッツ」プレビュー。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ vs. トヨタヴェルブリッツ

ホスト&ビジターの2回戦制で行われる通常のリーグ戦と異なり、別カンファレンスのチーム同士が対戦する交流戦は、一度きりの勝負ならではの魅力と緊張感がある。その第1週となる前節は6試合中4試合が中止という険しい幕開けになったが、2週目の第7節も楽しみなカードが目白押しだ。総合順位で現在2位のクボタスピアーズ船橋・東京ベイと、同3位のトヨタヴェルブリッツが激突するこの一戦(2月26日14時30分キックオフ@江戸川区陸上競技場)も、優勝争いを左右する大一番といえるだろう。

両チームのここまでの戦績を見ると、5勝1敗で勝点25のスピアーズに対し、ヴェルブリッツは5勝1敗の勝ち点23。ただし不戦勝がスピアーズに2試合、ヴェルブリッツは3試合あり、実施されたゲームに限定すればスピアーズは3勝1敗の勝点15(ボーナスポイント3)、ヴェルブリッツが2勝1敗の勝点8(同0)となる。得失点差でも直近の2戦で50点以上を挙げて大勝したスピアーズが大きく先行しており(+109と+35)、数字の上ではスピアーズが優勢という状況だ。

>>ディビジョン1 順位表

いずれも第4節から2連勝したあと、前節の不戦勝を経て迎えるこのゲーム。ポイントになりそうなのはコンタクトの攻防、とりわけFW陣の接点でのバトルだ。両チームともリーグ屈指のパワフルな大型パックを擁し、強烈な推進力をベースに波状攻撃でたたみかけるのが得意の攻撃パターンだけに、この局面での優劣は試合展開にダイレクトに影響するだろう。

スタッツ比較

アタックのスタッツを比較すると、パス回数でスピアーズが727(1試合平均約181回)を記録しているのに対し、ヴェルブリッツは475(同158回)。ディフェンス突破でも、110回(1試合平均約27回)のスピアーズがヴェルブリッツの57(同19)を圧倒している。相手が違うので単純に結論づけることはできないが、スピアーズのパス回数は同じ試合数の首位東京サントリーサンゴリアス(705回)と比べても上回っており、よりボールを動かすラグビーを志向していることがうかがえる。ヴェルブリッツにすれば、自慢のフィジカルを武器にボール争奪局面でプレッシャーをかけ、スピアーズに思い通りのテンポで攻撃を継続させないことが、ひとつのカギになりそうだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ