人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月5日

【ハイライト動画あり】同志社大学、ロスタイムの失点で天理大学に逆転負け。関西4位で大学選手権へ。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

悔しさをあらわにする選手たち

12月4日、たけびしスタジアム京都でラグビー関西大学リーグ第7節、同志社大学vs.天理大学が行われた。同志社は1点リードで迎えた後半ロスタイムに逆転のPG(ペナルティゴール)を許し、25-27で敗北。通算成績は4勝3敗、勝ち点は22となり、関西Aリーグを4位で終えた。

3位決定戦となった今試合。すでに出場が決まっている大学選手権にいい流れで臨むべく、漆黒の壁に挑んだ。ディフェンスからリズムをつくり、ブレークダウンで圧力をかけてくる相手に対し、真っ向から対抗する。互いに接点に自信を持つ両者の意地がぶつかる最終節にふさわしいシーソーゲームとなった。

試合はいきなり動く。2分、敵陣10m付近で反則を獲得し、同志社はPGを選択。これをSO(スタンドオフ)嘉納が決め、幸先よく先制に成功する(3-0)。その後は20分間スコアが動かない。天理大のグラウンドを広く使うアタックに対し、LO(ロック)南を筆頭に低く突き刺さるタックルでゲインを許さない。

22分、同志社が立て続けにペナルティを犯し、自陣深くまで攻め込まれる。ジャッカルを狙いに行ったところでオフフィートの反則を取られ、PGで同点に追いつかれる(3-3)。さらに、28分にも自陣5mのラインアウトからモールで押し込まれ被トライ(3-10)。規律の部分でミスが多く、失点を重ねてしまう。

だが、逆転された同志社はすぐに反撃する。相手のハイパントキックをキャッチしたSO嘉納が左へボールを展開。ボールを受けたFB(フルバック)山口楓が得意のステップで相手を翻弄(ほんろう)し、ミスマッチを突いた。

最後はラストパスを受け取ったWTB(ウイング)和田が独走し、試合を振り出しに戻す。(10-10)。35分には、前に出るディフェンスでプレッシャーかけ、相手の小さな乱れを逃さずNO8(ナンバーエイト)木原がインターセプト。サポートに入ったWTB和田がこの日2トライ目を決め、リードを広げて前半を折り返す(15-10)。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ