人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月26日

【ハイライト動画あり】帝京大学、日本体育大学に快勝し開幕4連勝。次節は早稲田大学と対戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

POMに選出された高本(幹)

10月24日(日)、青空が広がる帝京大学百草グラウンドでラグビー関東大学対抗戦の第4節が行われた。この日の帝京大学の相手は、日本体育大学。試合後に岩出雅之監督が「普段通りの、気持ちと気合いがうまく噛み合った試合になれば良いなと思いながら臨んだ」と語ったこの一戦。絶えず日体大を圧倒し91-18で4連勝を飾った。

前半3分、日体大留学生FW(フォワード)にインターセプトをされ、一気に攻め込まれて先制トライを許す。さらにゴールキックも決められ追加点。しかしその4分後、帝京大はFL(フランカー)山添圭祐(3年=長崎北陽台)がトライを決め、続くSO(スタンドオフ)高本幹也(3年=大阪桐蔭)もゴールキックを成功させて試合を振り出しへと戻した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

9分にはHO(フッカー)江良颯(2年=大阪桐蔭)が、華麗な身のこなしで守備網を抜き去ってトライ。この勢いに乗りたい帝京大だったが、「チームとしては前半良くない場面もあった」と高本(幹)が言うように、13分にPG(ペナルティゴール)を決められてしまう。

17分、ギャップを突いた攻撃でWTB(ウィング)高本とむ(2年=東福岡)がトライを決める。28分にもPGを決められるが、これ以上は得点を許さなかった。さらに33分、WTB(ウィング)大藪洸太(3年=中部大学春日丘)がトライを決め、41分には敵陣ゴール前で獲得したラインアウトからのモールでそのままトライ。前半を35-13で折り返す。

J SPORTS 放送情報

後半は途中出場の選手も次々にトライを決め、点差を広げていく。後半13分、ゲインを止められずトライを奪われる。この後は帝京大のペースで試合が進んでいく。後半21分には一気に6人の選手を入れ替える。

34分、CTB(センター)松山千大(3年=大阪桐蔭)がトライ。39分にはWTB(ウィング)ミティエリ・ツイナカウヴァドラ(3年=セントジョセフカレッジ)もトライを決め、帝京大の勢いは止まらない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ