人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月1日

このまま沈むわけにはいかない! 巻き返し図る天理大は関西大と対戦

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

天理大学キャプテン 佐藤康

9月18日に開幕した2021関西大学Aリーグは、大学王者の天理大近大に敗れる波乱の幕開けとなった。天理大は昨年まで同リーグを5年連続で制し、32連勝と関西では圧倒的な実力差を示してきた。「いつかは負けるので連勝が止まったこと自体は気にしていない」と小松節夫監督は話すが、後半はトライチャンスすら作れなかった完敗は気になるところ。ここからどうチームを立て直すか。関西勢として36年ぶりに大学選手権を制覇した王者としてこのまま沈むわけにはいかない。

CTB藤原悠(関西大学)

その天理大は、10月3日、関西大と対戦する。昨季7位の関西大は、今季の開幕戦では同志社大に8-75で完敗したが、激しく前に出るディフェンスで何度も同大の選手たちを押し戻した。CTB藤原悠(4年)、FB山村英毅(3年)ら突破力ある選手がラインブレイクするシーンもあり、後半にはラインアウトからのモールでトライも奪っている。龍田恭佑キャプテン(4年)は「リーグ戦は始まったばかり。目標は大学選手権出場」と前向きに語っていた。持ち味の前に出るディフェンスで、思い切りのいいチャレンジを見せるだろう。

天理大は、春からキャプテンのHO佐藤康(4年)、LO服部航大(4年)、NO8アシペリ・モアラ(4年)、山村勝悟(3年)ら大学選手権優勝メンバーに負傷者が多く、思うようにチーム力が上がっていない。天理大にとっては嫌な記憶もある。2010年から2012年まで関西を3連覇しながら、2013年は初戦で敗れ、6位に沈んだことがあるのだ。「このままずるずると行くのか?」と小松監督は選手に奮起を促している。

SH藤原健之朗(天理大学)

チームを操るHB団は1年生コンビが務める。SH藤原健之朗は日本航空石川の出身で、昨年までのSH藤原忍(クボタスピアーズ)と同じ経歴で見た目も似ているところがあり、兄弟と思われがちだが、血縁関係はない。小松監督は高校1年生から良い選手だと注目していたという。SO筒口允之は、長崎南山高校時代はキャプテンで、プレースキッカーも務めていた。天理大を志望して入学し、実力を認められてのレギュラー入りである。ともに体格的には小さいがスキルが高く、戦術眼もあり、2人の1年生がどうチームを勢いづけるか注目される。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ