人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月10日

早稲田大学、「荒ぶる」へのスタートは立教大学との対戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

鍵を握るスクラム

『荒ぶる』に向けた長い戦いが今始まる。9月12日から開幕するラグビー関東大学対抗戦、早稲田大学の初戦は熊谷ラグビー場で行われる立教大学戦だ。

昨季は対抗戦2位、大学選手権では順調に決勝まで勝ち進んだが、優勝をかけた天理大学戦で圧倒され完敗し、悔し涙をのんだ。その悔しさを胸に『Be Hungry』のスローガンを掲げ、挑戦者として臨む今年度。

公式戦初戦では、東海大学に敗北を喫したものの、夏季オープン戦では同志社大学帝京大学明治大学の強豪校に3連勝と好成績を残している。この勢いのまま対抗戦初戦を白星で飾り、理想のスタートを切りたい。

指揮官として新たに大田尾竜彦監督(平16人卒)を迎えてスタートした春は、以前とは大きく異なるラグビースタイルへの適応のシーズンとなった。昨年度の選手権決勝で浮き彫りになった、ブレイクダウンの課題を解決するべく、『脚のチカラ』にフォーカス。

J SPORTS 放送情報

さらに新しくレスリングの練習を取り入れ、スクラム強化のために首のトレーニングを始めた。変革を遂げたのは練習内容だけではない。アタックでは今までよりもFW(フォワード)とBK(バックス)の連携が増え、スクラムではフロントローだけでなく、FW8人全員で押す意識づけなど、大田尾監督により様々な改革が成された。

新体制にとって初の公式戦となる関東大学春季大会の初戦は、東海大相手に26-48と敗戦。しかし、その後は日本大学に31-17で勝利し、春の取り組みの成果が徐々に実感できるシーズンとなった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

そして夏。2年ぶりに行われた菅平合宿では、『No Excuse』をテーマに掲げ、チームの本格的な磨き上げに取り掛かった。合宿中に行われた同志社大戦、帝京大戦、明大戦では全勝。フェーズを重ねてトライを取るアタックや、ディフェンスでも相手を仕留める場面が多く見られるなど、夏の成長を感じさせる試合内容だった。

スクラムではまだ劣勢の場面が多いが、明大戦ではスクラムを起点としたトライを挙げるなど、春から積み上げてきたものの成果は着実に現れている。課題となるのはディテールの部分。15人それぞれが80分間こだわりぬき、最後まで相手に主導権を握らせない試合を展開したい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ