人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月15日

春を制した東福岡か、前回王者の桐蔭学園か。ラグビー全国高校7人制大会のみどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

春に続き2冠を目指す東福岡

高校生ラグビーの夏の風物詩となっているセブンズ(7人制ラグビー)。昨年はコロナ禍の影響で開催されなかったが、今年は「第8回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会」が、7月17日(土)~19日(月)、長野県上田市菅平高原のサニアパークで開催される。

7人制ラグビーの全国大会は、2024年以降の夏季五輪に向けたセブンズの強化と普及、将来有望な選手の発掘、そして高校の単独チームの出場数を増やすことを目的に、2014年から毎年夏に行われている。

過去の優勝チームは2014年から2019年までそれぞれ、東福岡(福岡)、東海大仰星(大阪)、東福岡、東福岡、流通経済大柏(千葉)、桐蔭学園(神奈川)が優勝し、東福岡が最多3度の優勝を誇る。

なお、2014年度と2016年度の東福岡、2015年度の東海大仰星、2019年度の桐蔭学園は夏のセブンズだけでなく、春の選抜大会、冬の「花園」こと、全国高校ラグビー大会も制して「高校3冠」を達成している。

出場する高校は各都道府県の予選を勝ち抜いた47チームと前回大会(一昨年の6回大会)の覇者である桐蔭学園を含めた48校だ。

7月17日に、3チームずつ16プールに分かれて予選プールを行う。そして7月18・19日に一発勝負のトーナメント戦が行われるが、各プール1位の16チームが優勝を争う「カップトーナメント」に、プール2位は「プレートトーナメント」、プール3位は「ボウルトーナメント」にそれぞれ進む。

第7回大会はコロナ禍の影響で開催されなかったため、7大会連続出場のチームが第1回から参加していることになる。

1回目から参加しているのは仙台育英(宮城)、茗渓学園(茨城)、流通経済大柏、桐蔭学園、日本航空石川(石川)、東海大大阪仰星、報徳学園(兵庫)、石見智翠館(島根)、尾道(広島)、東福岡、佐賀工業(佐賀)、長崎北陽台(長崎)、高鍋(宮崎)の13校で、優勝経験校や各地区の強豪、さらにパスラグビーが持ち味のチームが揃った。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ