人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月2日

関西学院大学vs.京都産業大学、大学選手権出場を懸けた昨季の再戦。ラグビー関西大学春季トーナメント

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

昨季は京産大に軍配

12チームによって5月中旬より始まったラグビー関西大学春季トーナメントが最終日を迎える。7月4日(日)奈良・天理親里競技場で、3位・4位決定戦が行われ、関西学院大学と京都産業大学が対戦する。

昨年度、関西大学Aリーグ4位だった関西学院大学は、昨年就任したOBの小樋山樹監督が指揮を執っている。キャプテンFL(フランカー)魚谷勇波(4年)の下、「HARD」をスローガンに「日本一」を目標に掲げてセットプレー、ボールの展開力など総合力の高いチームを目指して新チームがスタートした。

関西学院大学は春季トーナメント2回戦で、大阪体育大学に64-5で快勝したが、3回戦で昨年度の大学選手権王者の天理大学に、12-55で力負けし、3位・4位決定戦にまわった。

一方の京都産業大学は昨年度就任した伊藤鐘史監督(現・Honda FWコーチ)が勇退し、元日本代表SO(スタンドオフ)で、トヨタ自動車の監督も歴任し、2020年からBK(バックス)コーチを務めていた廣瀬佳司氏が昇格し、新監督に就任した。

伝統のスクラム、モールの強さは変わらず、2回戦は摂南大学に50-22で快勝し、3回戦の同志社大学には後半リードしたが、最後に逆転を許して20-21で惜敗、3位・4位決定戦へと進んだ。

それでは関西学院大学のメンバーから見ていこう。3回戦からFW(フォワード)は3人、BKは4人と大きくメンバーを変更してきた。

PR(プロップ)は前川吏六、安達朋樹の2年生コンビが先発し、前の試合に続いてHO(フッカー)山田哲平(3年)がリードする。左LO(ロック)は1年から活躍する野矢健太郎(2年)が引き続き先発するが、この試合では右LOに入江元気(3年)が入った。

バックローは変わらず、ルーキーのFL(フランカー)稲垣直希(石見智翠館)、キャプテンFL魚谷、NO8(ナンバーエイト)は松田進太郎の3人が務める。

SH(スクラムハーフ)は橋詰学(4年)に代わって、牟田陸人(3年)が先発し、SO(スタンドオフ)坂原春光(3年)とハーフ団を組む。CTB(センター)は1年の松本壮馬(石見智翠館)は前の試合に続いて先発、冨岡周(2年)に変わって同じく1年の川村祐太(関西学院)が13番をつけてフレッシュなコンビとなった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ