人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月1日

欧州クラブのベスト16がノックアウト方式で激突 レンスター対トゥーロンなど、好カードが並ぶ1回戦

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

ハイネケン・チャンピオンズカップ

ヨーロッパのラグビークラブ王者を決める「ハイネケン・チャンピオンズカップ」は、現地時間の4月2日(金)、3日(土)、4日(日)、16チームによるプレーオフ1回戦が行われる。今大会はコロナ禍にあって一年限りの暫定方式で昨年12月11日に開幕した。参加したのは24チーム。イングランドのプレミアシップ、フランスのトップ14、プロ14(アイルランド、スコットランド、ウェールズ、イタリアのクラブが参加)という3つのリーグから各8チームである。つまり、シックスネーションズを戦う欧州最強6カ国のプロクラブが頂点を争うわけだ。

暫定方式は、24チームを2組に分け、各チームが4試合ずつ戦い、ポイント制で上位8チームがプレーオフトーナメント(準々決勝)に進出するものだった。ところが新型コロナウイルス感染症の拡大が続くフランス政府の移動禁止令によって、1月の第3、4節が中止となってしまう。そこで、第2節終了時点での各組上位8チームの計16チームがプレーオフ1回戦から優勝を争うことになった。苦肉の策ではあるが、負けたら終わりのノックアウト方式の戦いはスリリングだ。決勝戦は、5月22日(土)、マルセイユで行われる。ヨーロッパの強豪クラブの負けられない戦いは必見だ。

4月2日、最初に対戦するのは、プロ14で4連覇を達成したばかりのレンスター(アイルランド)とフランスの強豪トゥーロン。レンスターはアイルランド代表SOジョニー・セクストン、CTBギャリー・リングローズらアイルランド代表選手を多数擁し、優勝候補の一角。対するトゥーロンは現在のトップ14では7位と振るわないが、日本のラグビーファンにもお馴染みの南アフリカ代表LOエベン・エツベス、イタリア代表NO8セルジオ・パリセら世界の顔もいて底力はある。会場はアイルランド共和国ダブリンのRDSアリーナ。

ディフェンディング・チャンピオンはイングランドのエクセター・チーフスだ。2020年10月17日の決勝戦でラシン92(フランス)を31-27で下して初優勝を果たしている。今季もプレミアシップは15節を終えた時点で、10勝5敗の2位。1回戦ではフランスのリヨンと対戦する。リヨンは、トップ14で6位だが、直近の試合でトゥーロンに54-16で快勝している。こちらも面白い試合になりそうだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ