人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月22日

2年ぶり開催の「選抜」、冬の「花園」を占う大会。全国高校選抜ラグビー大会展望

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2年前、3連覇を達成した桐蔭学園は今年も優勝候補

3月25日(木)から31日(水)にかけて、桜の開花とともに埼玉・熊谷に春の到来を告げる22回目の「選抜大会」こと、全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会が、今年も熊谷スポーツ文化公園で行われる。

昨年の第21回大会は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響で中止になった。今年は開催される運びとなったが、昨年度の「花園」こと、全国高校ラグビー大会に続いて、選抜大会も無観客での開催となった。

また今年の選抜大会から予選リーグが廃止され、出場32校によるトーナメントで優勝が決まる。但し、1回戦で敗退したチーム同士は敗者戦があり、2回戦が終わってベスト16が出揃ったところで、各チームのキャプテンの抽選によって準々決勝以降のカードが決まる。

2年前、桐蔭学園を引っ張ったSO伊藤(早稲田大学)

2000年から始まった選抜大会。過去の優勝チームは11校で、2019年まで桐蔭学園(神奈川)が3連覇中で、今大会では史上初の4連覇を目指しているが、最多優勝は東福岡(福岡)の5回。常翔啓光学園(大阪)と桐蔭学園が3回、東海大大阪仰星(大阪)が2回の優勝を誇る。

それでは過去19回の選抜大会の歴史を振り返るとともに、花園の成績との関連について考察していくと、間違いなく、春の選抜大会は冬の花園を占う大会となっている。

まず、過去19回選抜大会で優勝したチームは20校(第1回大会が2ブロック制だったため)だ。選抜で優勝したチームは、すべて花園でベスト8以上に進出しており、選抜を制したシーズンに花園でも優勝したのは9回。つまり選抜で優勝した約半数の高校が花園でも優勝していることになる。

2016年の優勝は東福岡 写真は4月からサントリーに入る箸本

選抜と花園の両大会を制したのは2001年度と2008年度の啓光学園(現・常翔啓光学園/大阪)、2006年度と2015年度の東海大仰星(大阪)、2009年度、2010年度、2014年度、2016年度の東福岡(福岡)、2019年度の桐蔭学園だ。

2014年度から夏に、7人制ラグビーの全国大会「アシックスカップ」も始まり、2014年度、2016年度の東福岡、2015年度の東海大仰星、2019年度の桐蔭学園は春、夏、冬の高校「3冠」を達成している。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ