人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月27日

同志社大学、5年ぶりの王座奪還を賭け天理大学に挑む。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

試合前、チームに声をかけるFL中尾

11月8日に開幕したラグビー関西大学リーグ同志社大学は33-31と苦戦を強いられながらも、関西大学から開幕戦白星を飾った。さらに続く2戦では立命館大学に53-19、京都産業大学に49-19と危なげなく勝利。初戦の不安を払拭(ふっしょく)するかのように、連勝街道を突っ走ってきた。

同志社の今季、最大の武器は前に出る、攻めのディフェンスだ。特に際立ったのは、PR(プロップ)山本敦輝(社1)の活躍だった。リーグ初戦、関大に前半を10点ビハインドで折り返した同志社。

トライに喜ぶ選手たち

後半1分でCTB(センター)稲吉渓太(商3)がトライを返すと、さらに勢いに乗る。4分には、PR山本が敵陣22mライン付近でターンオーバーに成功し、関大優勢の流れを断ち切る。最後はSO(スタンドオフ)田村魁世(スポ3)が、WTB(ウイング)岡野喬吾(商1)に預けて逆転トライを決めた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

常に強気のマインドを持ち続けることで、ディフェンスから勝ち切っていくことができるはずだ。

また、第2節ではWTB山口楓斗(社3)や、NO8(ナンバーエイト)木原音弥(スポ3)が、第3節ではWTB和田悠一郎(文情3)が立て続けに復帰。エースたちの活躍にも期待がかかる。「決勝戦で、僕らはこれまで何年も勝てていないので、ここで絶対に勝ちたい」とFL(フランカー)中尾主将(政策4)。

J SPORTS 放送情報

11月29日に行われる順位決定戦では、天理大学と対戦する。同志社は2015年に関西制覇を成し遂げて以来、天理大に4年間王者の座を譲り続けてきた。

今年、FL松岡大和(4年)率いる天理大は「Go For The Top」をスローガンに、日本一を目指す。Oddリーグ最終節では関西学院大学に前半リードを許すも、後半を無失点で抑え、同リーグ1位通過を決めた。

得点力はもちろん、防御力の高さには目を見張るものがある。天理大はリーグ戦で摂南大学に64-0、近畿大学に50-0で完封勝利を収めている。同志社の伝統ある『展開ラグビー』で、厚い防御網を突破したいところだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ