人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月15日

【ハイライト動画あり】全勝対決、流通経済大学が昨年のリベンジを果たし日本大学を破る。ラグビー関東大学リーグ戦

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

5連勝の流通経済大学

10月4日(日)に開幕したラグビー関東大学リーグは、昨年度の「3強」、東海大学日本大学流通経済大学が開幕から4連勝を達成。そして、1週の休みを経て、11日14日(土)、埼玉・セナリオハウスフィールド三郷で、流通経済大学と日本大学が激突した。

ともにFW(フォワード)、BK(バックス)に能力の高い選手が揃っている両チーム。昨年の対戦はモール、スクラムを強みとしている日本大学が、34-28で勝利していた。日本大学のFW陣に、どこまで流通経済大学のFW陣が拮抗するか、はたまた上回れるのかが、1つの焦点だった。

流通経済大学は、先発は前節から3人のメンバーを交替した。相手のFW対策として、身長190cmのLO(ロック)アピサロメ・ボギドラウ(2年)が先発し、ベンチからNO8(ナンバーエイト)南太陽(2年)が昇格し、左WTB(ウィング)には堀井雄登(2年)がメンバー外から先発した。

日本大学は前節、ベンチメンバーだったPR(プロップ)シオネ・ハラシリ(3年)が先発し、FWに外国人選手を2人起用したことからWTB齋藤芳徳(4年)がスターターに名を連ねた。

午後4:00キックオフの試合は、序盤、日本大学が、1年生SH(スクラムハーフ)前川李蘭(目黒学院出身)のリードもありFW、BK一体となってボールを展開してペースをつかむ。

前半6分、日本大学が相手陣22m内まで攻め込み、ターンオーバーを許してしまったが、WTB齋藤(4年)が相手のロングパスをインターセプトし、そのまま抑え左中間にトライを挙げて、日本大学が7-0と先制する。

J SPORTS オンデマンド番組情報

その後、日本大学は武器としているスクラムで相手の反則を誘うなど、らしさを見せたが、なかなか相手のディフェンスの前に追加点を挙げることができない。

すると流通経済大学はモールを軸にペースをつかみ、18分、SH野村悠(3年)からボールを受けたLOアピサロメ・ボギドラウが中央にトライ、FB(フルバック)河野竣太(3年)がゴールを決めて、7-7の同点に追いつく。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ