人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月9日

目黒学院と早稲田実業が花園の切符をつかむ。ラグビー全国高校大会東京都予選決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

11月8日(日)、東京・秩父宮ラグビー場で100回目を迎える「花園」こと、全国高校ラグビー大会の東京都大会決勝が行われた。

第1地区決勝は目黒学院が本郷を47-5で下し、3大会ぶり19回目の出場を決めた。また、第2地区決勝は早稲田実業が國學院久我山を30-7で倒して、2年ぶり7回目となる花園への切符を獲得した。

第1地区決勝は、2月の新人戦の東京都王者の目黒学院が有利と予想されていたが、その通り、序盤から目黒学院がその強さを発揮した。

ゲインを繰り返した目黒学院FL中村

目黒学院は前半1分、キャプテンSH(スクラムハーフ)飯島乾太、SO(スタンドオフ)小俣一樹(ともに3年)を中心に左右にボールを大きく動かし、身長185cm、体重106kgのPR(プロップ)シオネ・ポルテレ(2年)が右隅にトライ。難しい角度のゴールもSO小俣が決めて、7-0と先制する。

5分にはラインアウトモールからNO8(ナンバーエイト)佐野祐太(3年)が押さえて14-0とリードを広げる。13分、本郷にモールから1本返されたものの、アタックで前に出続けた目黒学院が、前半22分にLO(ロック)ソロモネ・フナキ(3年)、29分には林星安(2年)がトライを重ねて、28-5とリードして前半を折り返す。

展開力で勝負した本郷

後半、本郷もボールを積極的に動かし追加点を狙ったが、目黒学院のディフェンスの前に得点を挙げることができない。すると再び、流れは目黒学院に傾き、後半14分以降にLO川嶋凌太(2年)が2トライ。

さらに、7本中、6本のゴール決めたSO小俣がランで魅せてトライ奪取するなど、後半も3トライを挙げた目黒学院が47-5で快勝し、3大会ぶり19回目の花園出場を決めた。

目黒学院(写真:主催者提供)

目黒学院の竹内圭介監督は、「小さなミスもあったが、目黒らしいテンポの良いラグビーとフィジカルの強さが出せた」と言えば、SH飯島キャプテンは「自分たちのペースでできたので良い形になったと思います。自分たちの持ち味のフィジカルとか、基本プレーをしっかり全国(の舞台)でも通じるようにやっていきたい」と先を見据えた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ