人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月30日

早稲田大学、帝京大学と秩父宮で全勝対決。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

ラグビー関東大学対抗戦第4戦、早稲田大学にとって今大会1つ目のヤマ場がやってきた。

相手は早大同様、ここまで3戦3勝の帝京大学。昨季はラストワンプレーでSH(スクラムハーフ)齋藤直人(令2スポ卒=現サントリー)がトライしたことにより、劇的な勝利を手にしたことが記憶に新しい。

春夏の試合がことごとく中止になり、今季帝京大とは初対戦となる。ここまで無傷の3連勝を飾るのは、明治大学、早大、そして帝京大のみ。対抗戦優勝へ向けて負けるわけにはいかない。大一番が今始まろうとしている。

『BK(バックス)の早稲田』と言われるように、早大のBKは今年もタレント揃い。ここまでの3試合では13人もの選手がBKとして出場。しかし、メンバーは流動的だ。

昨年の優勝メンバーであるFB(フルバック)河瀬諒介(スポ3=大阪・東海大仰星)は今試合で今季初めてのベンチ入りをしたものの、いまだスタメンに名を連ねていない。

先発を続けるSO吉村紘

3試合全てでスタメン出場を果たしたBKは、SO(スタンドオフ)吉村紘(スポ2=東福岡)とWTB(ウィング)古賀由教(スポ4=東福岡)の2人だけ。このヤマ場で、相良南海夫監督(平4政経卒=東京・早大学院)が敷いた布陣は、どのような試合を展開するのか。今後のメンバー争いも含めて、期待が高まる。

J SPORTS 放送情報

FW(フォワード)は「実力差がある中で、しっかりスクラムの部分はコントロールできた」とPR(プロップ)小林賢太(スポ3=東福岡)が語るように、調子が上がってきている。「FW戦で負けないということを意識して良い対策をし、自分たちの強みをさらに強化できるようにやっていけたら」と小林。

修正を繰り返し、準備に不足はない。スクラムを組む8人の中で、4人は昨年の優勝メンバーであり、経験も十分。今試合で初めて対抗戦のスタメンを勝ち取ったFL(フランカー)坪郷智輝(法4=埼玉・川越東)にも注目が集まる。

4年生のLO(ロック)下川甲嗣

前試合の日本体育大学戦ではモールからトライを取るなど、FWが主体的に得点を重ねていくシーンも見られた。フィジカルの強い帝京大を相手に油断はできないが、『スクラムの弱い早稲田』とはもう言わせない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ