人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月2日

筑波大学、調整不足の中、序盤で強豪に挑む。ラグビー関東大学対抗戦チーム紹介

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

序盤に強豪との対戦が控える

昨年度は明治大学、早稲田大学、帝京大学には敗れたが、他のチームには勝って3位タイとなり、大学選手権に出場したAグループ唯一の国立大学の筑波大学。昨年度の大学選手権ではリーグ戦王者・東海大学に3-24で敗れたものの、力のあるところを見せた。

7月から授業の中で、少しボールを持つ機会を設けることができたが、学内にグラウンドがあることから、本格的に始動したのは8月に入ってからだった。また、4年生の多くは9月に教育実習で練習に参加できていなかったことから、正直言って調整不足は否めない。

ただ昨年、ヘッドコーチから昇格した嶋崎達也監督もチームの強みを「接点を、動き勝ち、泥臭く戦うこと」と言うとおり、今年も接点やコンタクトでの献身的な働き、FW(フォワード)、BK(バックス)に関係なく、最後までひたむきにファイトし続ける姿勢は変わらない。伝統的に規律、守備に強みを持っており、接戦に持ち込んで、BKのタレントで仕留めるスタイルは健在だ。

リーダー陣は毎年、4年生が投票で決めるという。今年はキャプテンにはCTB(センター)岡崎航大、副将キャプテンにはSO(スタンドオフ)山田雅也と、LO(ロック)中原健太(いずれも4年)が選出された。

嶋崎監督は「岡崎が活躍するとチームが乗る。突破役を担ってほしい」と期待を寄せる。ただ、岡崎は10月に教育実習の予定があるため、数試合は出場できない予定だという。

その岡崎キャプテンら、リーダー陣は今シーズンのチームスローガンを『HARD』と掲げた。

「大学日本一を目標に掲げています。その目標を達成するために、どこよりも『厳しく』、どこよりも『激しく』、どこよりも『結束を固く』取り組まなければならないという思いから今回のスローガンを掲げた。練習の中でも『HARD』という言葉が飛び交っています。どこの大学よりも『HARD』な筑波大学を見ていただきたい」(岡崎主将)。

他の強豪校は部員が100人を超えるチームは珍しくなく、中には150人を超えるチームもあるが、国立の筑波大は80人ほど。1年生24人が本格的にグラウンド練習に参加したのも夏だったため、嶋崎監督は「昨年度の4年生が抜けたポジションに選手を充てていくというところから始めました」と話す。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ