人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月26日

【ハイライト動画あり】ブランビーズがフォースに完封勝利で首位浮上。スーパーラグビー2020 オーストラリア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

7月3日(金)に開幕した、オーストラリアの国内大会「スーパーラグビー2020 オーストラリア」は第4節が行われ、25日(土)はフォースブランビーズが対戦した。

2017年以来のスーパーラグビー参戦となったフォースは開幕から連敗中で、勝ち点1で最下位に沈んでおり、なんとか初白星をあげたい試合となった。

ケガで欠場するSH(スクラムハーフ)イアン・プライアーに替わり、元ワラビーズのニック・フリスビーが先発、元ニュージーランド代表のLO(ロック)ジェレミー・スラッシュがゲームキャプテンを務めた。

サモア代表歴のあるヘンリー・タエフがCTB(センター)で先発復帰し、ここまで3トライと好調を維持している20歳のWTB(ウィング)バイロン・ラルストンは引き続き先発。そして、先週加入し、東芝でもプレーしている元オールブラックスのCTBリチャード・カフイがベンチ入りした。

一方、開幕から連勝し勝ち点9で2位につける好調のブランビーズは、オーストラリア代表のPR(プロップ)スコット・シオが今大会初先発し、キャプテンで現役ワラビーズのアラン・アラアラトアとHO(フッカー)フォラウ・ファインガアとフロントローを形成。

さらに20歳のLOニック・フロスト、22歳のSHベイリー・キュンツェルの若い2人がスターターに抜擢された。

新型コロナウィルス感染拡大の影響もあり、フォースは本拠地のパースではなく、シドニーのライカート・オーヴァルで試合を開催。制限人数いっぱいの約3500人の観客が見守り、曇天の中キックオフされた。

試合は格上のブランビーズが、フォースのキックオフ直後、自陣22m左のスクラムからいきなりチャンスを迎える。

前半2分、スクラムを押し込んだ後、「8-9」からブラインドサイドに展開し、最後はCTBテヴィタ・クリンドラニから、WTBトム・ライトにつないで左中間にトライ、SOキュンツェルのゴールは決まらなかったが、5-0と先制に成功。

攻撃の手を緩めないブランビーズは、自陣22m付近で相手ボールをジャッカルすると再び左に展開し、NO8(ナンバーエイト)ピート・サムのオフロードパスなどでボールをつないで、最後はSHジョー・パウエルからCTBイラエ・シモネに渡りトライ。SOキュンツェルが今度はゴールを決めてブランビーズが12-0とリードする。

さらに13分、新ルール「50/22」キック(自陣から相手陣22m内にキックし、ワンバウンド以上した後、タッチを切るとマイボールラインアウトで再開)で、ブランビーズは相手ボール前に攻め込むが追加点を挙げることができなかった。

その後、ブランビーズに反則が目立ち始め、フォースの時間帯になる。しかし、フォースは相手ゴール前で何度もあったラインアウトモールのチャンスを得点に結びつけることができず、そのまま12点差で前半を折り返した。

雨が降る中で始まった後半、先に得点を挙げて接戦に持ち込みたかったフォースだが、先手を取ったのはブランビーズだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ