人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月26日

【ハイライト動画あり】ブランビーズがフォースに完封勝利で首位浮上。スーパーラグビー2020 オーストラリア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

スーパーラグビー2020 オーストラリア

【ハイライト】フォース vs. ブランビーズ

後半3分、ラインアウトを起点にボールを継続し、最後は左サイドに張っていたFL(フランカー)ウィル・ミラーが左隅にトライ、SOキュンツェルが難しい角度のゴールを決めて、19-0とさらにリードを広げた。

フォースもベンチメンバーのCTBカフィなどを投入し、相手ゴールラインに近づこうとするも、なかなか有効なアタックができない。

すると26分、ブランビーズは得意のモールからBK(バックス)の選手も加わり、最後は途中出場のHOコーナル・マキナーニーが左中間に押さえてトライ。24-0とリードを広げる。

その後、フォースもなんとかしてラインアウトからのモールでトライを奪おうとするものの、ブランビーズの守備の前に得点を挙げることができなかった。結局、試合はそのまま24-0でノーサイド。

チャンスでしっかり4トライを挙げたブランビーズは開幕3連勝とともに、相手に3トライ差をつけるボーナスポイントも得て、勝ち点5を追加し首位に立った。フォースは勝ち得ることもできず、開幕3連敗となった。

首位に立ったブランビーズのダン・マッケラーHC(ヘッドコーチ)は「ディフェンスには非常に満足している。今日は守備面からフィジカルを前面に出すことについて話した。いくつか厳しい場面もあったが、規律を整えることができた」と攻撃よりも守備について満足げに話した。

キャプテンのPRアラアラトアは「相手を零封することができた選手たちの努力を誇りに思う。雨天の中で戦えるスキルを磨き続けた。ディフェンスが向上した。セットピースに自信を持っていた。前後半ともに入りが大切だと考えていたし、それが良いディフェンスによってうまくいった」と胸を張った。

3連敗となってしまったフォースのティム・サンプソンHCは「自滅してしまった。まだ、明らかに取り戻せるはずだった。ただ、ディフェンスは常にストイックだったし、決して諦めなかった」と守備の奮闘ぶりを称えた。

ゲームキャプテンのLOスラッシュは「フィジカルなゲームで、不運なスタートだった。連続トライをとられ、穴から抜け出せなくなった。これはブランビーズのレベルがどれほどかを示しているだけになってしまった。それでも選手たちを誇りに思う」と前を向いた。

3連敗を喫したフォースは次週の7月31日(金)、レベルズと対戦する。一方、今週試合のなかったレッズを抜いて、3連勝で首位(総勝ち点14)に立ったブランビーズは、8月1日(土)にそのレッズをホームのキャンベラにあるGIOスタジアムに迎え撃つ。

文:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ