人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月24日

ボーデン・バレットが10番で今季初先発!連敗ストップを懸けて激突。SRアオテアロア第7節「ブルーズ vs. チーフス」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ニュージーランド(NZ)代表のスターで、シーズン後のサントリー加入(12月合流予定)が決まっているブルーズボーデン・バレットが、今季初めてスタンドオフ(10番)で先発する。

NZ版スーパーラグビー(SR)「アオテアロア」は第7節を迎えた。

7月26日(日)は、3勝2敗(2位)のブルーズが、本拠地イーデン・パークに開幕5連敗(5位)のチーフスを迎える。

ブルーズは開幕3連勝からの2連敗、チーフスは5連敗であり、ともに連敗ストップを懸けた戦いとなる。

勢いはブルーズにあるだろう。

第6節を終えて2位につけているブルーズに対し、5位のチーフスは優勝争いから脱落している。士気高揚は簡単ではないはずだ。

しかも舞台はブルーズの根城であるイーデン・パーク。また前回対戦ではホームゲームながら1トライも奪えないまま、12-24で敗戦している。

チーフスの指揮官は、昨年までウェールズ代表を12年間率いたウォーレン・ガットランドHC(ヘッドコーチ)だが、風当たりは強まるばかりだ。

ブルーズに負けて6連敗となればチームのワーストタイ記録。その先にある7連敗は、1996年のチーム創設以来初となる。

ガットランドHCはチーフスの地元ハミルトンの出身だ。故郷のチームでの連敗ワースト記録は、地元出身者として、コーチとして、これ以上ないような不名誉な記録に違いない。是が非でも、目の前の1勝がほしい。

ただ相対するブルーズは、NZ最高峰のプレーメイカーを10番に据えてきた。

ボーデン・バレットが、昨年9月のトンガ代表戦以来324日ぶりに、スタンドオフとして先発する。ここまで10番だったSOオテレ・ブラックが首を痛めたためだ。

NZ代表は2019年ワールドカップで、主にリッチー・モウンガ(クルセイダーズ)を10番、バレットを15番として起用したが、2年連続のワールドラグビー年間最優秀選手賞(2016、2017)はスタンドオフとして受賞している。

現在ブルーズでチームメイトであるNZ代表の英雄、SOダン・カーターの後継者として活躍してきたバレットは、今季より新加入した好調ブルーズをどう導くのだろうか。

最高レベルのプレー精度で安定感をもたらすSOバレットとハーフ団を組むのは、SHフィンレー・クリスティ。

またCTBはNZ代表のリーコ・イオアネ。祖父の葬式に出席するため先週は不出場だったケレリブ・クラークはWTBに戻り、バレットの定位置だった15番にはFBマット・ダフィーが入った。

ブルーズの先発FWを見てみると、LOパトリック・トゥイプロトゥ主将、NO8アキラ・イオアネ。今季大ブレイク中のエイトマン、ホスキンス・ソトゥトゥは膝のケガでメンバー外となっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ