人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月1日

明治大学、連覇まであと2つ、リーグ戦王者・東海大学と対戦。ラグビー全国大学選手権準決勝

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

写真:ライン際を駆け上がりトライを決めた山崎

12月21日に行われた、大学選手権の準々決勝、関西学院大学戦。明治大学は随所で精彩を欠く細かいミスが露見し、1トライ差の辛勝で準決勝に駒を進めた。

開始早々、ゲームは動く。前半7分、この日初めて選手権の舞台に立った司令塔のSO(スタンドオフ)齊藤誉哉(文1=桐生一)がディフェンスのギャップを突く。

ライン際に控えていた右WTB(ウイング)矢野湧大(文4=大分舞鶴)にパスが繋がり、幸先よく先制に成功した。

主導権を獲得したかに思えた。しかし直後の9分、自陣ゴール手前の関学大ボールスクラムからCTB(センター)山本悠大にディフェンスラインを割られ、5-7。たちまち逆転を許す。

修正を図りたい明大であったが、反応鋭い関学大のディフェンスを前に苦戦。また、この日はSO山沢京平(政経3=深谷)、CTB森勇登(政経3=東福岡)、WTB山村知也(営4=報徳学園)ら、BK(バックス)の主軸3人が欠場したことで、決定力にもやや乏しかった。

前半終了間際、相手の反則でラインアウトを獲得すると、明大十八番のモールが火を吹く。5m近くを塊で押し切り、長いビハインドの時間に、ようやく終止符を打った。

p>前半を12-7で折り返した後半も、一進一退の攻防は続く。明大優勢と目されていたスクラムでも「関東では経験できない組み方に対応しきれなかった」(HO/フッカー武井日向主将・商4=国学院栃木)。

得点に動きがないまま、迎えた27分。右LO(ロック)箸本龍雅が中央突破でゲインすると、そのままテンポ良く大外に展開。最後は左WTB山崎洋之(法4=筑紫)がインゴール右隅にボールを収めた。

続く37分には、PG(ペナルティゴール)で追加点を奪い、22-7。勝利が確実性を帯び、ようやく安堵の瞬間が訪れた。

その後、試合終了を告げるホーンの直後、関学大にこの日2本目となるトライを献上し、22-14。結果的に1トライ差の辛勝で選手権初陣を終えた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ