人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月17日

同志社、3年ぶりの全国は苦い初戦敗退。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

12月15日、3年ぶりに戻った大学選手権だった。花園ラグビー場で行われた3回戦、対筑波大学。

ラストワンプレーで、WTB(ウィング)山口(2年・東福岡)が左サイドにグラウンディングした。だが、引き離された点差は埋められずノーサイドとなった。

涙をぬぐう主将の山本(4年・同志社)と4年生たち。一度もリードを奪えず、終始相手のBK(バックス)陣に翻弄された。個々の力が道を切り裂く筑波大に対し、一体となった守備で応戦することができなかった。

昨年、史上初めて2年連続で大学選手権出場を逃した同志社大学。誇り高き伝統があるからこそ、このような結果は受け入れがたかった。

第109代同志社ラグビー部にとって、全国の舞台に立つことは復権への第一歩。再建を任された山本は『GO! GO! GO!』をスローガンに掲げ、常にチャレンジャー精神を持つことをチームに伝え続けた。

昨年以上に「勝ちに貪欲な姿勢」は今季のリーグ戦で現れた。開幕から4連勝。どれも簡単な試合ではなく、接戦を勝ち切った。昨季は逆転で敗北を喫した試合が多かった中、間違いなくチーム力が上回った試合だった。

その後、京都産業大学と天理大学に惨敗してしまうも、「もう一度原点に」。チャレンジャーとしての意識をチームメイトに再認識させた。最終節では一体となったアタックで、後半から突き放し、関西大学リーグを2位で締めくくった。

迎えた3年ぶりの大学選手権、開始序盤はFL(フランカー)堀部(4年・筑紫)や、NO8(ナンバーエイト)服部(4年・東福岡)が身体を張ったキャリーでエリアを奪う。

だが、先制点を挙げたのは筑波大だった。そこからFB(フルバック)原田(4年・修猷館)が1本を返し、5-17で前半を折り返す。

後半早い段階で追撃したい同志社。密集から4年生が身体をぶつけながら前へと進撃をする。何度も窮地を救ってきたFW(フォワード)陣が40フェイズ重ねて、ラストは服部がインゴールへねじ込んだ(12-17)。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ