人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月17日

同志社、3年ぶりの全国は苦い初戦敗退。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

5点差まで迫り、花園は同志社の逆転劇に期待を膨らませていたが、反撃はここまで。「想像以上に筑波大のテンポが速く、相手を崩しきれなかった」(萩井監督)。5トライの猛攻を受け、万事休す。筑波大BK陣に打つ手がなかった。

ラストワンプレーを知らせるホーンが鳴り響いた。敗北は確定していたが、同志社は意地を見せた。

キックオフのボールを主将が競り勝ち奪う。紺グレは最後の最後まで貪欲な姿勢を貫き、一矢報いるも結果は17-48。第109代の挑戦は3回戦で終幕した。

同志社フィフティーンは悔しさを滲ませながらも、一目散に整列。観客席に向かって長いお辞儀をした。

「最後の最後まで一緒に戦ってくれたみなさんには感謝の気持ちでいっぱい」(山本)。先陣を駆けた熱き主将は涙を流しながら、花園を後にした。

「日本一になれなかったことは本当に悔しい。ただ、このメンバーに出会えて、そんなチームでキャプテンを担うことが出来て本当に嬉しい」。

同志社という名門校としての重責を背負いながらも、突っ走ったこの1年。本気で日本一狙っていただけに、負けた悔しさから立ち直ることは難しいだろう。

だが、「今後、後輩たちが日本一を目指すサポートを僕自身全力でしようと思っている」と山本は言葉を残した。バトンは渡された。次世代の紺グレが躍動する光景をただ待ちわびる。

文:写真:川田翼(同志社スポーツアトム)

ラグビー全国大学選手権 3回戦

【ハイライト】同志社大学 vs. 筑波大学

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局は1978年に創刊された同志社大学唯一の体育会機関紙です。年6回の本紙の発行を軸に、号外の発行やHPの管理などをすべて学生の手で行っています。
公式サイト Twitter→@atom_doshisha

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ