人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月26日

直接対決で4連勝中のウェールズか、通算成績で28勝6敗1分の南アフリカか。ラグビーワールドカップ準決勝 ウェールズ vs. 南アフリカ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

10月27日(日)は横浜国際総合競技場で、準決勝の2試合目、「レッドドラゴンズ」こと、ウェールズ世界ランキング3位)と「スプリングボクス」こと、南アフリカ(同4位)が激突する。

予選プールを1位で通過した、今年の欧州王者ウェールズは、準々決勝でフランスと対戦した。地力はウェールズが上回ると予想されていたが、大会入って調子を上げてきたフランスに押される展開に。

だが、フランスのLO(ロック)セバスティアン・ヴァアマイナのレッドカードで、数的優位に立ったウェールズは、後半に逆転し20-19と1点差で逃げ切って、3度目のベスト4に進出した。

しかし、そのフランス戦でNO8(ナンバーエイト)ジョシュ・ナヴィディ、さらに練習中に足首を負傷したFB(フルバック)リーアム・ウィリアムズの主力2人が欠場となったしまった。特にハイボールキャッチが得意なFBウィリアムズ不在は痛手となろう。

そのため、ウォーレン・ガットランドHC(ヘッドコーチ)は、フランス戦から3人の先発を変更した。NO8はロス・モリアーティ、FBはリー・ハープペニーが先発し、CTB(センター)にはオーウェン・ワトキンに替わってジョナサン・デーヴィスが復帰した。

ガットランドHCは、「ウィリアムズを失ったことは非常に痛手だが、ハーフペニーのような経験のある選手がチームにまた違った良い影響をもたらしてくれるだろう」と話した。

また、今大会終了後に退任が決まっているため、「ウェールズHCとしてあと2試合楽しみたい。スコッドの中にも10人くらいは、最後のワールドカップとなるだろう。ベストのパフォーマンスをして決勝に進めれば嬉しい」と笑顔を見せた。

南アフリカに対しては「日本との試合を見たが、前半は接戦だった。今回もそうなるだろう。それに日本戦で30回くらいキックを蹴っていたので、私たちはそれに対応しなければいけない」と相手のハーフ団からのハイパントキックを警戒した。

やはり、セットプレーで互角に戦い、武器としているディフェンスで粘りつつ、SO(スタンドオフ)ダン・ビガーや、FBハーフペニーのキックで得点を重ねていきたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ