人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月21日

歴史的な快進撃に幕。史上最強のラグビー日本代表はベスト8。ラグビーワールドカップ日本大会「日本 vs. 南アフリカ」レビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

しかし前半のスコアはここから動かず。

南アフリカは名手のFB(フルバック)ウィリー・ルルーのノックオン、ダブルアクションによる反則など、得点機でことごとくミスを犯し、そのまま前半終了を迎えた。

「(前半のスコアが5-3で)私たちはハーフタイムで本当に不安を抱えて、緊張していました」(南アフリカ・エラスマスHC)

前半にSHデクラークのタックルを受けて負傷したSO田村は「肋骨を折っている可能性があった」(ジョセフHC)。注射を「2、3本」(SO田村)打って、後半も強行出場となったが、後半8分に松田力也にバトンを託すことになった。

南アフリカは、ハーフタイムで「モールとスクラムを押せている」(南アフリカ・FLコリシ主将)と確認。後半にSOポラードの3PG(4、9分、24分)で14-3と突き放しにかかり、さらに強みで畳みかける。

南アフリカは後半26分、強力なラインアウトモールを組んだ。

「南アフリカのラグビーの中で、モールはいつだって強力な武器であり続けているし、だから僕らはそれに誇りを持っている。(日本とのゲームで)モールがかなりうまく行ったのでそれが自信につながった」(南アフリカ・FLデュトイ)

ファフ・デクラーク

モールで大きく前進した南アフリカは、パスを受けたSHデクラークが後半最初のトライ。

ゴール成功で21-3と引き離すと、リザーブに用意したFW6人をすべて投入していた後半30分、カウンターをWTBマピンピが仕留め、26-3と大きくリードを広げた。

日本は敗戦が決定的となりながらも、ノーサイドの瞬間まで果敢に戦った。最後は南アフリカがタッチへ蹴り出し、26-3のまま決着を迎えた。

ラグビー日本代表

ウェールズとの準決勝へ駒を進めた南アフリカのラシー・エラスマスHC(ヘッドコーチ)は試合後、日本のファンへ向けて温かいメッセージを送った。

「スコットランド、アイルランドがいたグループをトップで通過しました。本当に日本のラグビーを誇ってください」

指揮官としてW杯初黒星を喫して大会を去ることになった日本代表ジェイミー・ジョセフHC。その表情に悲壮感はなかった。

「日本を誇りに思っています。選手以外のスタッフの方々もありがとうございました。ファンの皆さんが、ホームの力を私たちにくれました。応援ありがとうございました」

「最後の5分は、20点以上の差がついているトップチームに対し、選手は立ち上がっていました。怪我をしても諦めませんでした。本当にコーチとして嬉しいです」

松島幸太朗

歴史的な快進撃を披露したジェイミー・ジャパンは、さまざまな記録を打ち立てた。

アジア初のラグビーW杯ベスト8、フィジー以来3大会ぶりのティア2の8強入り、ティア2初のプール戦全勝、過去最高となる世界ランキング6位、WTB松島幸太朗の日本代表初のW杯ハットトリック――。

史上最強のブレイブ・ブロッサムズの2019年W杯は、ベスト8という快挙をもって、ここに幕を閉じた。

文:多羅 正崇

【ハイライト】ラグビーワールドカップ2019 準々決勝 日本 vs. 南アフリカ

© Rugby World Cup Limited 2019

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ