人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年8月29日

早稲田大学、『For One』で11季ぶりの頂きを狙う。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

写真:攻撃の起点SO岸岡智樹(教4=大阪・東海大仰星)

遂に関東大学対抗戦が始まる。昨年度は8年ぶりに優勝という結果で終えたものの、帝京大学には敗北。続く全国大学選手権では、明治大学に4点差で敗れ、涙を飲んだ。

今季はチームスローガンを『For One』と設定。11季ぶりの頂きを狙う。徐々にステップアップして迎えた夏季オープン戦。昨年度大学選手権準優勝の天理大学、ベスト4の帝京大学と対戦。両試合とも課題を残しつつも、勝利を収めた。

次に早大の春、夏シーズンでの戦いを振り返っていきたい。関東大学春季大会では東海大学、帝京大学に敗戦。明大との定期戦でも敗北し、Aチームの国内対外試合は3勝3敗となった。

初戦の東海大戦では主将のSH(スクラムハーフ)齋藤直人(スポ4=神奈川・桐蔭学園)をケガで欠く。その後もシーズンが深まるごとに離脱するメンバーは多くなり、早大としては苦しいシーズンが続いた。

副将のFL(フランカー)幸重天(文構4=大分舞鶴)は春季の収穫として「アタックは自分たちのやりたいようにプレーができればトライまでつながる」と答えた。

一方で課題も露呈。「スクラム」と「ディフェンス」の部分が挙げられるだろう。しかし、課題であったセットプレーの部分に注力して挑んだ夏季オープン戦では目覚ましい成果を見せる。

スクラムを強みとしている天理大からスクラムトライを奪い、反則を誘う。次戦の帝京大戦では五分五分の攻防を繰り広げるなど、スクラムは確実に成長しているだろう。

相良南海夫監督(平4政経卒=東京・早大学院)は「まだまだ」と現状に満足はしてないものの、「戦うマインドになっているのでいい傾向」と評する。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ