人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年8月28日

明治大学、菅平での対抗戦初陣、難敵・筑波大学に挑む。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

4年ぶりの頂点へひた走る。明治大学は8月31日(土)、関東大学対抗戦(以下、対抗戦)の初戦となる筑波大学戦を迎える。

昨シーズン、全国大学選手権を制した明治大だが、対抗戦は5勝2敗の3位。帝京大を破りながら、早稲田大、慶應義塾大と伝統校相手に敗北を喫し、優勝を逃した。

9月下旬からラグビーワールドカップが日本で開催されるため、例年より2週間ほど早い開幕となった今シーズンの対抗戦。その影響により、難しい日程での調整を強いられてきた。

8月16日から約2週間にわたる菅平合宿に入った明治大は、21日に慶應義塾大学と40分×3本の練習試合に臨んだ。

例年、合宿期間中に2、3試合のA戦を消化していたが、今年はこの1試合のみ。しかし、結果は46-54と振るわず、不完全燃焼に終わった。

特に両校ともにAチームのメンバーを中心に起用した1、2本目は、合計17-49と大差で敗戦。直前に迫った抗戦開幕へ向け、不安を残す結果となった。

「ペナルティーからゴール前に入られ、スコアを許してしまったのが、大きく試合の展開に響いた」(HO/フッカー松岡賢太・商4=京都成章)。

慶應義塾大の粘り強いディフェンスを前に、序盤からミスやペナルティーを連発。そこからゴール前のFW(フォワード)戦で押し込まれる形で、立て続けにトライを許した。

1、2本目の80分間を通して、この悪循環を断ち切ることができず、49失点と大崩れ。最後まで守備を立て直せないまま、終わってしまった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ