人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月29日

南アフリカのワンダーボーイ、SHヤンチースが劇的トライ!ザ・ラグビーチャンピオンシップ2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
ハーシェル・ヤンチース

1921年の初対戦以来、約100年にわたる戦史で、過去3度しかなかった劇的決着を迎えた。

南半球4か国対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ(TRC)2019」の第2節、ニュージーランド代表×南アフリカ代表が7月27日(土)、ニュージーランド(NZ)のウェストパック・スタジアム(ウェリントン)で行われた。

今秋のワールドカップ日本大会で共にプールBに入っている両軍は、今回が98度目の対戦。

世界的にも注目を集めるワールドカップ前哨戦で、両軍は先週の開幕節から先発12人を変えてきた。

南アフリカの先発15人は、1軍の陣容。

FLシヤ・コリシ主将を怪我で欠くが、HOマルコム・マークス、SOハンドレ・ポラードら現状の主力が並んだ。

一方のオールブラックスは、司令塔にSO2番手のリッチー・モウンガ、フルバックにSO1番手のボーデン・バリットを配置する布陣だった。

2018年大会では南アフリカが第4節、敵地で2点差勝利(36-34)。すると今度はニュージーランドが第6節、こちらも敵地で2点差の勝利(32-30)。

まさに実力拮抗のライバルは、序盤からロースコアの熱闘を繰り広げた。

司令塔を任されたNZ代表のSOモウンガは、序盤では安定性に欠いた。

南アフリカは積極的にSOモウンガにプレッシャーをかけ、序盤だけでキックを2度チャージダウン。安定性に寄与できなかった。

一方でNZのFBバリットはキックゲーム、ハイボール処理で高精度。

しかしNZは序盤に自陣で反則、敵陣ではハンドリングエラーを重ね、南アフリカはSOハンドレ・ポラードによる前半3、10分にPG(ペナルティゴール)で6点を奪った。

しかし両軍通じて最初のトライはNZだった。

前半36分、南アフリカは敵陣でのアタックでボールロスト。ターンオーバーが起こり、直後にNZが右展開。

ロングパスを受けたFBバリットが快足を飛ばして右スミを突破し、フォローしていたCTBグッドヒューが右中間にトライ。

序盤からミスが続いて不調だったが、ターンオーバーから一気に獲り切ったNZ。FBバリットのゴールも成功し、7-6と逆転に成功した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ