人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月6日

神戸製鋼、ハードワークでリコーを破り3連勝。トップリーグカップ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

互いに負けられないカップ戦の注目の一戦は、最後まで勝敗がわからない試合となった。

7月2日(金)、東京・秩父宮ラグビー場で、トップリーグカップ・プールDの強豪同士、昨年度のトップリーグ覇者・神戸製鋼コベルコスティーラーズと、トップ8の一角・リコーブラックラムズが激突した。

金曜日のナイターで、王者・神戸製鋼が東京に登場ということもあり、後半から小雨が降る中、8024人もの観客が集った。

トップリーグカップ戦は6チームごとに4つのプールに分かれ、各プール1位でとならないと準決勝に進出できない。そのため、お互い、この試合の大きさを理解しており、本気のメンバーで臨んだ。

神戸製鋼のキャプテンSH(スクラムハーフ)アンドリュー・エリスは「カップ戦は1試合でも負けると準決勝に進むことができない。4月にチームに再集合したときから、この試合が大事と言ってきた」と話した。

リコーのゲームキャプテンFL(フランカー)フランカー松橋周平は「相手のメンバーをみたとき、うちに対してリスペクトを感じました。僕たちのラグビーで圧倒しようと思いました」と意気込んだ。

試合序盤は、前節敗れたリコーが積極的に仕掛ける。前半5分、ペナルティを得て、SO(スタンドオフ)ロビー・ロビンソンがPG(ペナルティゴール)を決めて3点を先制する。

その後は「(この試合は)テストマッチと同じ強度のディフェンスで、どれだけハードワークできるかを言い続けた」(エリス)という神戸製鋼が、特に自陣22m内で激しい守備を見せて、前半は相手に得点を許さなかった。

神戸製鋼はアタックでも2年目のFB(フルバック)井関信介がカウンターなどから積極的に仕掛けてペースを握る。すると11分、20分、23分と、サンウルブズから合流した名手SOヘイデン・パーカーがきっちりとPGを決めて9-3とリードする。

その後は、お互いのディフェンス力が上回り、膠着した状態が続き、両チームノートライ、9-3でハーフタイムを迎えた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ