人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月1日

ジャガーズ快進撃止まらず!ブランビーズ圧倒し、チーム史上初の決勝進出!スーパーラグビー2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
ジャガーズvs.ブランビーズ

▼スーパーラグビー2019/プレーオフ準決勝「ジャガーズ×ブランビーズ」
▼6月29日/エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ(アルゼンチン・ブエノスアイレス)
▼ジャガーズが情熱的なファイトで圧倒!ブランビーズはラインアウト、フィールドでミス多発。

ミラクル・ジャガーズだ!アルゼンチン代表候補が結集するスーパーラグビー(SR)チーム「ジャガーズ」が、リーグ参戦4年目で、さらなる高みに到達した。

ジャガーズは日本時間6月29日、チーム初だったプレーオフ(PO)準決勝で、地元ブエノスアイレスにブランビーズ(オーストラリア)を迎えた。

ジャガーズは今季就任のゴンサロ・ケサダHC(ヘッドコーチ)のもと、南アフリカ・カンファレンスを初の1位通過でPOへ進み、準々決勝でチーフス(NZ)に21-16で勝利していた。

一方のブランビーズも今季好調。2年目のダン・マッケラーHCが築いたオーストラリアの首都チームは、10勝6敗でレギュラーシーズンを駆け抜け、2年ぶりのPO進出を果たす。

準々決勝ではシャークス(南アフリカ)に38-13で快勝し、2004年以来3度目の優勝を視野に入れ、アルゼンチンへ乗り込んだ。

ジャガーズにとっての鬼門は反則数だったろう。

今季の反則数は177回でリーグワースト2位。反則を犯してしまうと、ラインアウトモールを最大の武器にするブランビーズが強みを発揮するところだった。

ところがこの日のジャガーズは違った。

トンネルから仲間の絶唱でピッチへ送り出されたメンバーは、ここまで平均10.4回だったペナルティ数を「6」に減らした。

またディフェンスも集中力が高く、ここまで1試合平均85%だったタックル成功率が、この日はなんと96%。好タックルのたびに起こる大歓声も力になったのだろう。

運命の一戦で、ジャガーズは開始20分で20得点を奪った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ