人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月1日

ジャガーズ快進撃止まらず!ブランビーズ圧倒し、チーム史上初の決勝進出!スーパーラグビー2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

準決勝 ジャガーズ vs. ブランビーズ ハイライト

先制トライは前半4分、元ブランビーズのSHトマス・クベリが、相手のショートパントの捕球ミスにより生まれたチャンスをものにした。7-0

前半19分には、ラインアウトモールが崩れてFW勝負となったが、稀代のハードワーカーであるLOトマス・ラヴァニニが頭から突っ込み、トライラインの先へ押さえた。20-0

ラインアウトモールが大きな武器であるブランビーズだが、この日のラインアウト成功率は81.8%と低調。さらにジャガーズは規律の乱れがなく、強みを発揮する舞台がやってこない。

しかしブランビーズは前半のオーバータイム。FW攻撃で何とかインゴールへ押さえ、13点ビハインド(7-20)に詰めて後半へ向かった。

後半3分にはスクラムを押してPKを奪取したブランビーズだが、せっかくの好機も一次攻撃目でノックオン。ジャガーズの鋭いディフェンスもあり、チグハグなアタックが続いてしまう。

一方のジャガーズは後半9分、キックモーションに入ったSOクリスチャン・リアリーファノ主将へ、FLパブロ・マテーラがタックル。

こぼれ球となり、一気呵成のカウンターからCTBマティアス・オランドがトライを決めた。27-7

ジャガーズ優勢のモメンタムは止まらない。CTBオランドは後半23分にも独走トライ。同38分、ふたたびターンオーバー直後の数秒で身長191センチのFBエミリアーノ・ボフェリがトライを奪い、勝負はあった。

ファイナルスコアは39-7。完勝劇の幕が下りると、ブエノスアイレスの夜空に祝砲の花火が上がった。

チーム史上初のSR決勝へ進出したジャガーズ。

相手は総合1位のクルセイダーズ。レギュラーシーズンの総合順位で下回るジャガーズは、今季POで初めてのアウェー戦となる。

いよいよ'19年のSR王者が決まる。

クルセイダーズの3年連続10度目の優勝か。それとも、ジャガーズの初優勝か。

運命の一大決戦は7月6日、ニュージーランドのクライストチャーチでキックオフを迎える。

スーパーラグビー2019プレーオフ準決勝(結果)

・ジャガーズ○39-7●ブランビーズ
・クルセイダーズ○30-26●ハリケーンズ

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ