人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月30日

京都産業大学、同志社を撃破した勢いで立命館と対戦。ラグビー関西大学春季トーナメント

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

同大戦で3トライを挙げたHO宮崎

同大に先制を許したが、直後に素早いパスをつなぎニコラス・ホフア(3年・札幌山の手)のトライですぐさま同点に追いついた。

その後、再びリードを許したが、FWの強みを見せ宮崎達也(4年・伏見工業)のトライで試合をふりだしに戻す。だが、前半終了間際に同大にトライを献上し、14-21で前半を終えた。

後半戦でも取っては取られ、取られては取り返しのシーソーゲームを繰り広げたが、後半26分宮崎のトライで33-28と5点のリードを得た。この日、宮崎は3トライを奪う活躍を見せている。

後半29分には同大のトライ、ゴールで2点差をつけられたまま、ロスタイムを迎えた。敵陣に攻め込み、相手ディフェンスに何度も何度もアタックを繰り返す。

後半44分、ゴール前中央で同大のペナルティ。そこで京産大はショットを選択し、キッカー栢本光(4年・天理)のゴール成功で36-35。ここで試合終了。

試合後、大西監督は「モールで決めきれなかったが、いい経験にはなった。秋はまた面白くなる」と目を細めた。

また、この日3トライを挙げた宮崎は「試合前からFWが圧力をかけていこうと話していた。FW全員で取り切ったトライです」と振り返った。

準決勝の今週末、迎える立命館大学は、1回戦では大阪体育大学を寄せ付けず63-12で下している。立命大戦に向け伊藤鐘平主将(4年・札幌山の手)は「セットプレーで圧力をかけて、あくまでも勝つ前提で」と意気込んだ。

FWが前に出てBKが応える―。FWで圧倒し、決勝の舞台に駒を進めたい。

ラグビー関西大学春季トーナメント、京都産業大学vs.立命館大学の試合は、6月2日(日)午後4:00から、J SPORTSオンデマンドで配信される。

文/写真:山内美優(京産大アスレチック)

代替画像

京産大アスレチック

京都産業大学体育会本部編集局は年4回、「京産大アスレチック」という体育会の広報新聞を作成しています。また、SNSなどを活用し、試合速報やブログ記事の更新、号外・試合告知ポスターの発行を行っています。 »HP »Twitter »Facebook

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧