人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年2月14日

楽しみな才能ズラリ。関東高校ラグビー新人大会・準決勝の見どころ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
第19回関東高等学校ラグビーフットボール新人大会

各校の新チームはどうか。楽しみな新人はいるか。高校ラグビーファンの楽しみはもう始まっている。

1都7県の関東16校が参加する第19回関東新人大会は、ベスト4が出揃った。

2月16日(土)は、千葉・成田市中台運動公園陸上競技場で、準決勝2試合、順位戦2試合の計4試合が行われる。

上位6校が全国選抜大会(3月29日~4月7日/埼玉)に出場できる今大会は、多彩な顔ぶれで2月9日(土)に開幕した。

50年ぶりの県決勝進出で、関東新人初出場を果たした埼玉・立教新座。その新人大会決勝を43年ぶりに制した埼玉1位の浦和。

茨城では、日立第一が28年ぶりの決勝進出で関東新人初出場。山梨県で2位だった日大明誠も嬉しい初登場を果たした。

しかしベスト4に勝ち残り、同時に選抜出場権を手にしたのは、いずれも昨冬の花園出場校。

早稲田実業(東京)、流経大柏(千葉)、桐蔭学園(神奈川)、そして本郷(東京)だ。

惜しくもベスト4を逃した慶應義塾(神奈川)、佐野日本大(栃木)、日川(山梨)、國學院栃木(栃木)の4校は、残った選抜出場枠を懸け、16日の順位戦に挑む。

対戦カードはそれぞれ「慶應義塾×佐野日本大」「日川×國學院栃木」。選抜は全国経験を積める絶好機とあって、激しい切符争奪戦が予想される。埼玉・浦和は開催県枠で選抜に出場する。

準決勝 第1試合「早稲田実業×流経大柏」

準決勝の2試合を見ていきたい。第1試合では、昨冬の花園2回戦のカードが実現した。

慶應義塾を20-17で破った早稲田実業と、佐野日大に73-5で快勝した流経大柏の対戦だ。

2018年度の全国高校ラグビー大会に82季ぶりの出場を果たした早稲田実業だが、2回戦で立ちはだかった壁が、流経大柏だった。

昨夏の7人制大会を初制覇し、花園でも創部史上初のベスト4進出を遂げた歴史的なメンバーが、高い攻撃力を披露。53-0の完封勝ちを収めた。

ただ流経大柏は花園準決勝のスタメン15人中13人が3年生。先発メンバーは様変わりした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧